【2014年1月版】MVNO用のオススメな白ロム!

毎月、ドコモ系MVNOで使用する「オススメの白ロム」を更新していきたいと思います。

今回は、第1弾「2014年1月版」です。では、さっそく紹介していきます。

スマートフォン編!

【1位】オススメすぎるAQUOS PHONE SH-06E

良いところは?

私も使っていますが、「非常にコスパが良い!」「電池持ちが素晴らしい!」「アンテナピクト・セルスタンバイ問題が起こらない!」という点で、MVNOでの使用にオススメできる機種です。

docomoの2013年夏モデルで、同じ時季に発売されたものにGalaxy s4などがあります。その中でも、白ロムとして販売されているものでは、「群を抜いてコスパが良い」のがこの機種です。白ロム価格が安いので、スペック面での問題があると思われがちですが、スペックも申し分なく、「サクサク」と動作してくれます。

また、アンテナピクト・セルスタンバイ問題が起こらないので、MVNO用のSIMを購入する時、SMS用のSIMを買う必要性がないです。これは、すばらしい!月々料金の節約にもなりますよね。

そして、電池持ちの良さも非常に良く満足度が高いと思います。

ただし、若干欠点も!

タッチパネルの感度が良すぎてフリック動作がタッチ動作(クリック動作)になってしまうことがあります。あと、Bluetoothが弱い!白ロムの金額が安いには、これが理由かと。個人的には許容範囲内でMVNOのSIM用として運用してます!

【2位】Ascend HW-01E

「とにかく安い!」これに尽きるのがHW-01E。安くても快適に動きます。LTEも掴むので、LTE対応のMVNOのSIMであれば、高速通信ができます。

セルスタンバイ問題は発生するので、この対策だけは必要です。初期投資を抑えるには、オススメの機種です。

【3位】EMOBILE GS03

HW-01Eに続き、「とにかく安い!」のがGS03。イーモバイルから発売されているもので、イーモバイルは基本的にSIMフリー。だからMVNO用途にも使えます。

SH-06Eと比べて「お値段半分、スペック半分」といったところ。格安で白ロムを手に入れたい人にはオススメです。

スマホ編まとめ

基本的にどの機種も費用対効果としてコスパが良いものを選びました。docomoから発売されているArrows X F-02Eも白ロムを安く手に入れることができますが、SH-06Eの方がコスパは非常に良くなっています。

次は、モバイルWi-Fi編ルーター!

【1位】EMOBILE GL06P

イーモバイルから発売している「GL06P」は、白ロムとしては「安価に手に入る」LTE対応のモバイルWi-Fiルーターです。わたしもMVNOのSIMで使っていますが、非常に電池持ちが良く8~10時間ほど余裕で持ちます。そして、バッテリーが取り外し可能で、オプション品としてバッテリーの購入が可能です。

メリットをまとめてみると、『安い』『LTE対応』『電池持ちが良い』『バッテリー取り外し可能』です。 ただし、LTEのエリアは、すごく狭い(Band3のみ)です。3G接続で使っていて高速通信時に、「遅いと感じたことがない」ので、非常に満足度が高いです。接続が安定している点も、気に入っています。

【2位】docomo L-03E

docomoから発売されているL-03EはLG製です。これは、根強い人気がある機種です。その理由として、『電池持ちの良さ』『バッテリー取り外し可能』『通信データー量が見える』といったところでしょうか。

通信データが液晶画面に表示できるのは、非常に便利そうですね。LTE接続に関しては、docomoの機種なので、広いエリアで電波を拾えて、現時点では最強クラスでしょう。

ただ、少し白ロムの金額が高いのがネックですね。発売してから1年近く立っていても値崩れしないのは珍しいです。

【3位】EMOBILE GL04P

EMOBILE GL04Pはバッテリー交換ができませんが、白ロムは安価で売られています。電池持ちも良く、GL06Pとの違いは『バッテリー交換不可』『microSDカードが使える』といったところでしょうか。

バッテリー交換ができないため、バッテリーが無くなるまでの使い切りで購入するには、良い商品だと思います。安さが魅力です。

モバイルWi-Fiルーター編まとめ

なるべく初期費用を抑えたい方は、バランスの良い「GL06P」をオススメ。初期費用が、多少高くなっても安定したLTE通信をした方には、「L-03E」がオススメ。

「L-03E」は、何年も使う予定であれば、使い勝手のいい機種になると思います。コスパが良いのは「GL06P」で、わたしも使用中です。GL06Pの方がL-03Eと比べて、LTEの対応周波数が少ないですが、安定して速度・接続されているので、非常に満足できます。

3G・LTE通信用タブレット編!

【1位】ASUS Nexus 7 (2013) TABLET

ド定番のNexus7。2012版と比べて3G接続からLTE接続対応になったので、高速通信が可能。ストレス無く動くスペック。最高です!

【2位】ASUS Nexus 7 (2012) TABLET

2012版のNexus7。スペック落ちしてるけど、バリバリ使えます。Android4.4をインストールすると快適に動くので、格安でタブレットを手に入れたい人にはオススメ!

Wi-Fi接続専用タブレット編!

【1位】ASUS Nexus 7 (2013) TABLET

文句なしのタブレット!解像度が高く、高スペックが魅力です。

【2位】ASUS Nexus 7 (2012) TABLET

かなり安く手に入るのでオススメ!

【3位】

8インチクラスでは、格安で売られているASUS MeMO Pad 8。値段とスペックのバランスが良く、評価も高いタブレット!

【4位】docomo dtab

10インチクラスでは、格安で売られているdtab。評判も悪くないのでオススメです。

コメントを残す

このページの先頭へ