【2014年4月版】MVNO用のオススメな白ロム!

今回は、第4弾!ドコモ系MVNOで使用する「オススメの白ロム」2014年4月版です。

このランキングは、スペックや使いやすさ、そして(白ロム価格に対しての)コストパフォーマンスの良さなどをまとめて、ランキング化しています。

では、さっそく紹介していきたいと思います。

スマートフォン編!

今月中旬あたりから、白ロムの価格に動きがありました。その理由として、2014年4月12日よりドコモの「デビュー割」と「ご愛顧割」の対象機種に『L-01F』『F-06E』『L-05E』『SH-07E』『N-06E』が追加となったことで、この端末の白ロム価格も下落しました。

ここ数ヶ月間、格安だった端末『SH-06E』よりも安くなった『L-01F』『F06-E』などがおすすめです。また、SIMフリー端末の『Covia FleaPhone CP-F03a』も価格が抑えられていることから、人気が非常に高い端末です。

【1位】G2 L-01F

ドコモの2013-2014冬春モデルとして発売されているLG製『G2 L-01F』が早くも3万切りました。高スペックで、非常に使いやすい端末です。サクサク動きます。バッテリー持ちも非常によく、背面にあるボタンは、操作しやすいのが特徴です。

現時点で、白ロムとして安い端末の中では、もっともスペックが高くでしょう。不具合もなく、かなりおすすめしたい端末です。

記事を書きました。こちらも参考にしてください!

【2位】ARROWS NX F-06E

今までのARROWSの評判の悪さからARROWSを二度と使いたくないという人も多いと思いますが、この端末はかなりできが良く大画面、大容量のバッテリー、指紋認証付きで使いやすい端末です。以前まであった熱暴走などもなく、非常にできが良い端末です。

記事を書きました。こちらも参考にしてください!

【3位】FleaPhone CP-F03a

3月14日に発売されたSIMフリー端末です。しかも、「デュアルSIM対応」で「価格が安い」のが特徴です。ただ、RAMが512MBと少しスペックが低いのが気になります。評判としてはサクサク動くと良い評判が多く、デュアルSIMなので、MVNOにうってつけの端末です。デュアルSIMですが、SIMは手動での切り替え式です。

【4位】AQUOS PHONE SH-06E

今まで非常にコスパが良かった端末ですが、最近値上がりしてしまいました。現在でもコスパが良い端末です。

不具合ではないのですが、『L-01F』『F-06E』と比べると、タッチパネルの誤動作が多く感じます(シャープ製の端末は、すべてのタッチパネルで調整があなりよろしくない)。誤動作と感じる人いれば、許容範囲内というような人もいるので、人それぞれですが、他社のスマホと比べた時に違和感が少しあるの感じがします。

まだまだAmazonでも売上上位にランクインしてくる人気商品です。

記事を書きました。こちらも参考にしてください!

【5位】Ascend HW-01E

性能の割には割安感があるドコモ端末です。しかし、セルスタンバイ問題は発生します。初期投資を抑えてMVNOを使ってみたいという方におすすめしたい機種です。この端末は、意外と使いやすいとの評判です。

【6位】EMOBILE GS03

『HW-01E』に続き、「とにかく安い!」のがGS03。イー・モバイルから発売されている端末です。イー・モバイルの端末は、基本的にSIMフリーです。だからMVNO用途にも使えます。

そして、この端末は、ドコモ系MVNOの格安SIMでテザリング可能です。

『SH-06E』と比べて「お値段半分、スペック半分」といったところ。格安な白ロムを探していて、尚且つテザリングを使いたい方に、おすすめです。

【7位】Nexus5

SIMフリースマホの定番といえば『Nexus5』。この端末は型番が『LG-D820』『LG-D821』と2つ(周波数帯の違い)あります。日本で売られているのは『LG-D821』ですが、docomo系MVNOでの使用であれば北米版の『LG-D820』がオススメです。

サクサク動く動作とSIMフリーなので、海外利用時も便利。ただし、北米版の『LG-D820』は、値段が高いのがネックです。セルスタンバイ問題は、発生していますが、電池持ちに変化はないので問題ないです。

ただ、白ロム金額が、全く下がらないのが痛いところ。もう少し安いと手を出しやすい端末なのですが、なかなかな金額ですよね。

また、テザリングを使いたい&スペックが良い端末を探している人向けです。

『Nexus 5』の端末レビューを書きました!こちらも参考にしてください!
【端末レビュー】『Nexus 5』をMVNOで使用するには、北米版のLG-D820がオススメ!

【番外編!Wi-Fi専用端末として】au ARROWS Z FJL22

最近、スペックが良いのに格安で売られているのが『FLJ22』。auの端末なのでMVNOのSIMを挿入しても使えませんが、Wi-Fi専用端末としてならかなり魅力があります。Arrowsは評判が悪かったのですが、最近は良い端末を出しています。モバイルWi-Fiルーターを持っている人にはオススメです。

スマホ編まとめ

今月は大きな変化がある月になりました。「デビュー割」と「ご愛顧割」の対象機種に『L-01F』『F-06E』『L-05E』『SH-07E』『N-06E』が追加されたことによって、白ロム価格にも大きな影響がでました。『L-01F』『F-06E』は特にオススメです。

参考記事はこちら↓
『L-01F』『F-06E』の白ロム価格が少しずつ下落傾向!格安SIM(MVNO)におすすめな2機種!

次は、モバイルWi-Fi編ルーター!

モバイルWi-Fiルーターは先月から動きがありました。新しく発売された『Aterm MR03LN』が注目です!

【1位】Aterm MR03LN

現時点で完成形に近いモバイルWi-Fiルーターになっています。特徴といえば、Bluetoothテザリングは連続通信時間が24時間という驚異的なバッテリー持ち。そして、LTEの周波数帯はクワッドバンド対応とすべてのdocomo網のLTEを掴みます。わたしも使用中ですが、Bluetoothテザリングがほんとにバッテリーの持ちが良く、かなりオススメできます。

ただし、2万円超えしている金額がなかなか手を出しにくい…しかし、このスペック・機能からしてみると割安感はあるし、長年使えるスペックだと感じるので初期投資として考えれば安いかも。

『Aterm MR03LN』の端末レビューを書きました!こちらも参考にしてください!
【端末レビュー】SIMフリーの『Aterm MR03LN』は最強モバイルWi-Fiルーター!Bluetooth接続で快適速度!

【2位】EMOBILE GL06P

イー・モバイルから発売している「GL06P」は、LTE対応のモバイルWi-Fiルーターです。非常に電池持ちが良く8~10時間ほど余裕で持ちます。そして、バッテリーが取り外し可能&オプション品としてバッテリーの購入が可能です。

MVNOでのLTEのエリアは、Band3のみの対応です。なのでほとんど3G接続専用端末といってよいでしょう。3G接続でも遅いと感じたことがないので、非常に満足度が高いです。接続が安定している点も気に入っています。

白ロム価格も上がってきているのですが、白ロム販売ショップなどで中古などを安く売られていたりします。気になった方は探してみるといいかもしれません。(じゃんぱらだと約8,000円ぐらい)

『GL06P』の端末レビューを書きました!こちらも参考にしてください!
【端末レビュー】白ロム『Pocket WiFi LTE GL06P』は、格安端末でバッテリー持ちが良い!

【3位】docomo L-02F

docomoから発売されている『L-02F』はLG製です。これは、人気機種『L-03E』の後継機で、モバイルWi-Fiルーターでは驚異的に電池が持ちます。3G接続で約16時間、LTE接続で約13時間とWi-Fi接続時は現時点で一番良い電池持ちです。

LTE接続に関しては、クワッドバンド対応です。

最新の端末の白ロムとあって、金額が高いですが少しずつ下落傾向です。

モバイルWi-Fiルーター編まとめ

『Aterm MR03LN』が非常に「魅力的なスペック」で、Bluetooth接続でのバッテリー持ちは驚異的です。『L−02F』もWi−Fi接続での接続時間は一番です。

3G・LTE通信用Androidタブレット編!

ASUS Nexus 7 (2013) TABLET

ド定番のNexus7。2012版と比べて3G接続からLTE接続対応になったので、高速通信が可能。ストレス無く動くスペック。最高です!

ASUS Nexus 7 (2012) TABLET

2012版のNexus7。スペック落ちしてる感がありますが、まだまだ現役で使えます。Android4.4をインストールすると快適に動くので、格安でタブレットを手に入れたい人にはオススメ!

Lenovo YOGA TABLET 8

スペックはあまり高くないですが、意外と動きは良いと評判です。そして、チルト機能が他社のタブレットとの違いで、非常に使い勝手が良いタブレットです。IIJmioのSIMが同梱されています。

Wi-Fi通信専用Androidタブレット編!

ASUS Nexus7(2012) TABLET

かなり安く手に入るWi-Fi版のNexus7(2012)。わたしも使用中ですが、格安で買える端末としてものすごくコスパが良いです。もうバーゲンセール並の金額ですね。

ASUS Nexus7 (2013) TABLET

文句なしのタブレット!価格が高いですが、解像度が高く、高スペックが魅力です。

最近、Amazonなどでセールをしてる時があります。その時が狙い目です。

Lenovo YOGA TABLET 8

コスパの良さと独自の形状で使いやすい端末となっています。

ZOTAC Tegra Note 7

注目度が低いですが、非常に良い端末です。CPUがTegra4でかなりサクサク動くと評判が非常によく、価格も抑えめな点が良いですね。

Amazonでたまにタイムセールしてる時があります。

タブレット編まとめ

今月は格安なタブレット「Nexus7(2012)」モデルが一押しです。まだまだ現役で使えるモデルです。

まとめ

今月は、やはりスマートフォンの白ロムが注目です。白ロムが下落傾向にある『L-01F』『F-06E』がオススメです。ハイスペックであるにも関わらず、3万前後と非常にコスパが良いので、買い時だと感じます。

端末を検討する際の参考にしてみてください!

2 Responses to “【2014年4月版】MVNO用のオススメな白ロム!”

  1. dusk より:
    G2 L-01F docomo [Lunar White] はブラックのほうが1000円安いようです。
    • author より:

      コメントありがとうございます。ブラックの価格も分かるようにしておきました。

コメントを残す

このページの先頭へ