【其の2】「ZenFone 2 Laser」「P8 lite」「gooのスマホ g03」どれ選ぶ?約3万円のSIMフリー端末の比較とメリット・デメリットを紹介!

zenfone2laser_p9lite_g03

「ZenFone 2 Laser」「P8 lite」「gooのスマホ g03」のレビュー記事となります。 この記事は2部構成となり、1部目の記事はこちらになります ↓

では、続きます。

バッテリーと電池持ちは?

項目 ZenFone 2 Laser P8 lite g03
バッテリー容量 2,400mAh 2,200mAh 2,400mAh
バッテリーの取り外し × ×

バッテリー容量は「P8lite」だけ2,200mAhとなっており、「ZenFone 2 Laser」「g03」共に2,400mAhとなります。大きな差はありませんね。

電池持ちに関しては、輝度の違いやインストールされているアプリの違いなどもあり、全く同じような環境にはできませんが、省電力モードなどを使わずに (すべてパフォーマンス優先) 、なるべく近い環境で3端末を使ってみたところ、「ZenFone 2 Laser > g03 > P8 lite」の順だと感じました。

ZenFone 2 Laserは非常に電池持ちがよく、今までのZenFoneシリーズの中では一番よいと思われます (ZenFone 2の電池持ちがかなり悪い…) 。P8 liteは、ライトユーザーであれば約1日ぐらいはバッテリー切れを起こさないと思われますが、ヘビーに使う方は予備バッテリーが必須アイテムとなりそうです。

個人の感想としては、ZenFone 2 Laserはかなり電池持ちがよく、g03は普通、P8 liteはこんなもんかな…といった印象です。搭載量と減りの関係で言えば、2,200mAh搭載のP8 liteは普通に納得できる電池持ちで、2,400mAh搭載のZenFone 2 Laserは搭載量に対して電池持ちがかなりよいといった感じ。なので、P8 liteが極端に悪すぎるという印象はありません。

なので、電池持ちの点からいえば、オススメはもちろん「ZenFone 2 Laser」です。

また、ZenFone 2 Laserの特徴の一つとして、バッテリーの取り外しが可能な点だと思います。 ただ残念なことに、予備バッテリーが販売されていません。今後販売されるかは分かりませんが、取り外せても予備が買えないと意味がない…

ZenFoneシリーズはグローバル展開していることもあり、多くの国で取扱があります。なので、そのうち海外通販などでバッテリーが出回ると思われますが、出来る限り国内でも販売してほしいものですね。

切り替え式のデュアルSIMは?

「ZenFone 2 Laser」と「P8 lite」は、切り替え式ではありますが「デュアルSIM対応」です。g03は、シングルSIMでの運用のみとなります。

zenfone2laser_p9lite_g03_dualsim1

ZenFone 2 Laserはmicro SIMが2枚。右がSIM1、左がSIM2となる。
バッテリーを外してSIMを装着する。

zenfone2laser_p9lite_g03_dualsim2

P8 liteは再度にSIMトレイがある。nanoSIMとmicroSIMの組み合わせ。

zenfone2laser_p9lite_g03_dualsim3

ただ、P8 liteはmicroSDとnanoSIMのトレイが共用となっており、microSDカードを使用する場合、nanoSIMは使えない仕様となっている。

ZenFone 2 LaserとP8 liteで比較してみると、完全にP8 liteの方がよい仕様となっています。というか、ZenFone 2 LaserはデュアルSIMというには程遠い仕様かと…感じました。

「ZenFone 2 Laser」のデュアルSIM機能は、発売当初のファームでは全く使い物にならないレベル。SIMの切り替え作業途中で、プロセスが強制終了してしまう現象が起こり、切り替えができない事がほとんどです。また、稀に切り替えが出来たとしても、(SIM1 → SIM2に切り替えた時には) 3G接続のままになってしまいます。最新アップデートで4G表示されるようになりました。

最新のアップデートによりプロセスの強制終了は起きなくなりましたが、4G接続にならない現象は未だに起こります。切り替え直後の一瞬だけ4G接続になるのですが、すぐに3Gに切り替わってしまい…。あと未だに、何度か切り替えに失敗するこがあり、日常的に使うには少しストレスが溜まるレベルです。

切り替えなしでSIM1だけを使うならば、なんら問題無く使えるので「デュアル」で使うより「シングルSIM」だけでの運用をオススメします。

で、切り替えが簡単で正常に動くのが「P8 lite」です。
正常に動作し、しかも切り替えが非常にラクなのも常用する上で非常に便利。ZenFone 2 Laserでは「デュアルSIMカード設定」画面とモバイルネットワークにある「優先ネットワークタイプ」の2箇所で切り替える必要があり、設定画面を行ったり来たりで非常に面倒くさい仕様です。

zenfone2laser_p9lite_g03_dualsim5

ZenFone 2 Laserの場合、デュアルSIMカード設定とモバイルネットワーク設定にある優先ネットワークタイプを変更する必要がある。

しかし、P8 liteの場合は「デュアルカード設定」の画面内で切り替えが完了し、お手軽でストレスなしです!

zenfone2laser_p9lite_g03_dualsim4

P8 liteの場合、デュアルカード設定で「4G/3Gスロット」「デフォルトのデータ通信」を切り替えるだけでデータ通信が可能に。通話も切り替える場合は「デフォルトの通話/メッセージ」も切り替えればよい。

上記のように、デュアルSIMでの運用は「P8 lite」の方が簡単で正常に機能します。デュアルSIMを目的にしている人は「P8 lite」をオススメします。

特にSIMカードを2枚挿す予定がない人は、g03も含めてどれも全く正常に動作します。

※ g03は初期ファームではAPNが上手く認識しないことが多かったので、最新版にファームアップデートしてから使いましょう。

Wi-Fi 5GHz帯は使えるか?

Wi-Fiを屋内でよく使う方などは、5GHz帯に対応しているかどうかも気になるのではないでしょうか?

確認してみたところ、「ZenFone 2 Laser」「P8 lite」は対応していませんでしたが、「gooのスマホ g03」は対応しています。特に困ることはないですが、より高速で混線しにくい5GHzに対応していると、より便利ですよね。g03のメリットの一つとなるでしょう。

USBホスト機能 (OTG) はどう?

USBホスト機能を使っているユーザーも増えてきたのではないでしょうか?
外部メモリに端末内のデータを移したりする際に便利ですよね。

zenfone2laser_p9lite_g03_otg

もちろんUSBホスト機能は、3万円端末となるとどの端末にも備わっていると思っていましたが、P8liteだけ非対応でした。Huaweiの上位機種となる「Ascend Mate7」や「honor 6 Plus」ではUSBホスト機能が備わっていたので、上位端末との差別化かもしれません。

今回使用したものはこれです (これオススメ) ↓

「ZenFone 2 Laser」「gooのスマホ g03」ではUSBホスト機能が備わっていますので、必要な人はこの2機種に絞られるでしょう。

各センサーは?

zenfone2laser_p9lite_g03_sensor

クリックで拡大可能。
ジャイロに対応はg03だけ。

各センサーの対応が一番多かったのは「gooのスマホ g03」です。ジャイロに対応しているのも「g03」となります。「P8 lite」「ZenFone 2 Laser」も普段生活では特に問題無いレベルですが、同じ価格帯の端末でれば、多く対応している方がよいですよね。

あまりセンサーが最重要と考える方は少なそうですが、オススメは「g03」となります。

GPSは?

zenfone2laser_p9lite_g03_gps

クリックで拡大可能。
P8liteはBeiDouに対応していないため衛生の数が少ないが、捕捉している数はほぼ変わらない。

GNSSの精度と感度は、どれも似通っている結果でした。
3端末とも「A-GPS、GPS、GLONASS」に対応しています。「BeiDou」に関しては、P8 liteのみ対応していないようです。特にBeidouが対応していなくても困るような事態にはならないため、特に問題ないでしょう。ホットスタート状態での計測であれば、どの端末もすぐに衛生を掴む事が可能です。

精度に関しても、各端末とも似たり寄ったりの結果でした (歩いの計測結果です。速度が速い場合は不明) 。
特にどれが悪いと思うようなことはありません。大抵が5m以内のズレで収まっていました。実用範囲内でしょう。

なので、GPS (GNSS) に関しては、どの端末を選んでも問題ないと思ってよいと思います。

実売価格と購入できるところは?

どの端末も家電量販店などで手に入るのですが、「g03」はビックカメラ、ヨドバシカメラ、ドスパラの一部店舗にしか置いていません。都市部でしか実機が見れないですね…ZenFone 2 LaserやP8 liteは、色々な家電量販店で扱っているので、比較的購入しやすいのではないでしょうか。

また、g03は家電量販店で購入するよりも、goo SimSellerで購入することをオススメします。理由は、goo SimSellerで購入した場合の方が安く購入出来る場合が多く、格安SIMのOCN モバイル ONEがセットでついてきます。実店舗で実機確認、goo SimSellerで購入がベストパターンです (笑) 。

価格はどれも約3万円端末ですが、その中で実売価格を2015年09月21日時点で比較してみると (全て税込)

  • ZenFone 2 Laser28,600円
  • P8 lite27,800円
  • g0330,240円 (2,000円割引セール中)

となっており、差額幅は約2,500円程度です。こうして見てみるとスペックが良い「P8 lite」のコスパの良さに目が行きます。

最近は、Snapdragon 410&メモリ1GBの端末が約2万円で販売されていることもあり、「ZenFone 2 Laser」はメモリ2GBとはいえ「もう少し安ければな…」という印象を受けました。皆さんはどうでしょうか?

「g03」に関しては、Snapdragon 615搭載でスペックが同じような端末に「ZenFone selfie (税込40,824円)」や「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3 (税込42,984円)」があります (画面サイズや解像度は異なります) 。比較すると30,240円で販売されている「g03」は、安いと感じるか、妥当な金額だと思う方が多いのではないでしょうか。

「P8lite」「g03」は比較的コスパが良く感じますが、「ZenFone 2 Laser」はもう少し安ければ手を出しやすい端末といったところ。まあ、ZenFone 2 Laserは、ちょっと取っ付きにくい価格だなぁ…と感じるかもしれませんが、実際に使ってみると、価格以上の価値はありますよ!

まとめ

色々と長々とレビューしたので、最後にまとめてみたいと思います。
スペック情報 ZenFone 2 Laser P8 lite g03
性能
ストレージ △ ※ 分割あり
対応バンド (周波数)
液晶
バッテリー
デュアルSIM ×
センサー
OTG ×
カメラ

※カメラに関してのレビューはこちら ↓
【其の3】「ZenFone 2 Laser」「P8 lite」「gooのスマホ g03」でカメラ比較!フォーカス、画質がよいのはどれ?

「ZenFone 2 Laser」「P8 lite」「gooのスマホ g03」は、それぞれ特徴 (メリット・デメリット) が異なることが分かりましたね!どれも良い端末であることには変わりないですが、どれを選ぶかは「用途次第」です。

大まかな印象としては、「ZenFone 2 Laser」は電池持ちを重視で3Dゲームなどをしないライトユーザーの方、「P8 lite」はデュアルSIMで運用したい方、g03は全体的にバランスが良く、 (ストレージが分割されているので) アプリのインストール容量が少ない方に向いていると思います。

個人的には、液晶の綺麗さとスペックのバランスの良さなどから「g03」をメイン端末として使うことが多いです。ストレージの分割がなければ、確実にg03をオススメしたいところなのですが、こればかりはかなり致命的になる方がいると思うので、何ともいえないところでもりますね…

g03の次に選ぶことが多いのが「P8 lite」で、サブ端末として持ち歩いている事が多く、ルーターがわりに使っていることが多いですね。Y!mobileのSIMとドコモ系MVNOのSIMを入れて、ドコモ系MVNOがピーク時間帯の時はY!mobileを使うようにしています。デュアルSIMは、使いこなすと本当に便利ですよ!

約3万円で販売されている人気の3機種を比較してみましたが、どうでしょうか?メリット・デメリットなどを何となく感じ取ってもらえればと思います。最後にですが本当に3機種とも良い端末であることには間違いないです。スマホ初心者が使っても使いやすいと思います。レビューを参考にして、どの端末が自分に合っているのか検討してみてくださいね!

その他の「ZenFone 2 Laser」「P8 lite」「gooのスマホ g03」の比較レビューはこちら ↓

コメントを残す

このページの先頭へ