YAMADA SIMが4月1日から「ヤマダファミリーモバイル」にリニューアル。ソフトバンク回線のMVNOサービスは3月22日から提供。

U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社「Y.U-mobile株式会社」は、4⽉1⽇より新たなMVNOブランド「ヤマダファミリーモバイル」をリリース。

ヤマダ電機はドコモ回線のMVNOサービス「YAMADA SIM powered by U-mobile」の販売を⾏っていましたが、それが「ヤマダファミリーモバイル」にフルリニューアルする形となります。

リニューアルのリリース前である3月22日からは、⽇本通信株式会社からソフトバンク回線の提供を受けた初のMVNOサービスを全国のヤマダ電機で他社に先駆けて販売開始とのこと。

開始当初は、iPhone⽤(nanoSIM、データ専⽤)のみの提供となっており、新プランの詳細は決まり次第お知らせとしています。

新プランが分かり次第追記予定。

情報源新たなMVNOブ ランド「ヤマダファミリーモバイル」をリリースソフトバンク回線で初のMVNOサービスも提供開始(PDF)

コメントを残す

このページの先頭へ