【速度レビュー】『b-mobile SIM 高速定額』Ping値は改善傾向!以前よりも使いやすくなったが、動画再生に難あり?

bmobile-kousokuteigaku

今回は『b-mobile SIM 高速定額』プランの速度レビューです。この「高速定額」は無制限プランとなり、月額1,980円で使い放題プランとなります。

以前にレビューした記事はこちら ↓
【速度レビュー】『b-mobile SIM 高速定額』はPing値が異常に悪く、レスポンスが悪く感じる時が多かった!

以前のレビューでは、タイトル通りPing値が悪くてレスポンスが悪く感じました。しかし、ここ最近では、Ping値は悪いにしても異常な遅さではなく、許容範囲と思えるぐらいの値となってきました。これを踏まえて、速度結果を確認してみてください!

速度計測!

条件は下記の通り。

  • 計測日:2015年1月20日(火曜)
  • 計測場所:神奈川県川崎市(LTE Band3対応エリア)
  • 端末:SIMフリー端末「ZenFone 5」
  • 計測アプリ:OOKLA SPEEDTEST サーバーはsuzuka

では、早速見ていきましょう!
(今回は、SPEEDTESTの画像を見やすいように、わたしが1枚の画像に加工しています)

速度計測結果は下の画像の通り ↓

bmoible_speedtest_20140120

Ping値は改善へ

まずは、Ping値から確認してみましょう。
以前と比べると、大分改善しているのが分かります。以前は “3,000ms台” など、かなり馬鹿げた数値が出ていましたが、今回の計測結果では、悪くても “200ms台” と許容範囲と感じる人は多いのではないでしょうか。

ただ最近、LTE回線の場合はPing値が、80msや60msなど “2桁台” のMVNOが多くなっています。そんな中『b-mobile SIM 高速定額』では、今回の計測で “3桁台” が多い見受けられる結果となりました。なので他のMVNOと比べると、Ping値は若干悪い結果です。無制限プランである「U-mobile LTE使い放題」「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」は、平均で70〜90msぐらいとなります。

しかし、以前と比べると、Ping値は大幅に改善はしている結果となりました(もしかしたら苦情が多かったのかもしれませんね…) 。

速度は全体的に遅く…

次に、(下り) 速度を確認していきましょう。
こちらは以前と比べると、遅くなった印象です。

個人的な印象としては、以前は、速度は速くてPing値が悪くなるように調整、現時点 (2015/01/20)では、速度を遅くしてPing値を良くするような対策を意図的にしているような印象を持ちました。

速度を確認してみると、12:00〜13:00、19:00〜00:00の時間帯の速度が遅い結果となりました。

特に12:00〜13:00の時間帯は、平均で0.15Mbpsぐらいでしょうか。低速制限されているような速度ですね。以前は、0.05Mbpsぐらいでしたので、改善されたような数値ですが使っているとイライラするような速度です。もっと速度が出るようにしてほしいところですね。

また19:00以降の時間帯は、速度の揺れ幅が大きくなる傾向でした。0.5Mbs〜4Mbpsぐらいと差があります。ただ、平均的には約1Mbpsぐらいの速度でした。もう少し速度が出ると嬉しいところですね。最低時の0.50Mbpsでは動画の視聴は難しそうですね。

回線が比較的空いてる時間帯については、かなり快適です。深夜には、20Mbps以上の速度が出たりする時もあります。傾向としては、混雑する時間帯は他のMVNOよりも速度が落ちる感じ (落ち幅がすごい感じ) がしました。

全体的な印象

「以前と比べてどうなの?」と思われる人も多いと思います。個人的には、「かなり使い勝手が良くなった」と言えると思います。スマホでWEB閲覧などは、ほとんどストレスを感じません。以前は、Ping値が悪いためか、レスポンスが悪く感じ、使っていても多少のストレスを感じましたが、ここ最近は快適に使えるようになってきた気がしています。

動画は注意?

回線が混雑しない時間帯 (速度がそれなりに速い時) では、以前は再生が途切れ途切れだったYouTubeが快適に閲覧できるようになりました。
720pでもそれほど止まらずに見ることができる (回線が混雑しない時間帯は、1時間に1,2回ぐらいしか止まらなかった) ので、以前と比べるとかなり改善していると思います。
しかも満足度が非常に高く、嬉しい限りでした。

ただし、他の動画 (アプリ) に関しては、注意が必要です。

dビデオで、300MBぐらいの動画をストリーミング再生しようとしても、読み込みが遅すぎて全く視聴できないような状態でした。明らかにYouTubeの時と挙動が違います。帯域制限が掛かっているかのように、初めの読み込みに数分かかり、数秒ごとに途切れます。動画を1分間再生させるに、1時間ぐらい掛かりそうな勢いでした。非常にストレスが溜まると言うか、観れたものじゃない状況です。途中で観るのを諦めました。

またdビデオでは、動画を先にダウンロードして、ローカルに落とすこともできます。しかし、b-mobile SIM 高速定額では、考えられないぐらいダウンロードが遅くて、速度が低速並しか出ていないように感じます。こちらも途中でダウンロードするのを諦めました。

あくまで予想ですが、YouTube以外の動画やファイルのダウンロードには帯域制限を掛けている、または特定のアプリで帯域制限を掛けているのではないでしょうか。
別の機会に、この辺りを詳しくレビューしたいと思いますが、動画再生を目的で『b-mobile SIM 高速定額』を選ぶのは注意した方が良いかもしれません。

まとめ

Ping値が許容範囲な値になったこと、それに伴いWeb閲覧時などのデータ受信のレスポンスが良く感じ、快適に使えるようになったのは良いと思います。

ただ、無制限プランを使う理由の一つに「動画を観たい」「大容量のダウンロードをしたい」という理由の人も多いはずです。しかし、それが使えないとなると無制限プランの意味がないと感じる人は多いでしょう。

他のMVNOの無制限プランより月額料金は安く設定されていますが、その分、何らかの制限事項も設けている印象を受けました。

普段のWeb閲覧やメールなどには問題ないが、動画など大容量のストリーミング、ダンロードには注意が必要という結果でした。

以上、参考にしてみてください

コメントを残す

このページの先頭へ