【速度レビュー】『NifMo』を使ってみた!サービス開始直後の速度は?

nifmo

今回は、最近新しく登場した格安SIM『NifMo(ニフモ)』を使ってみたので、レビューしてみたいと思います。

私が今回契約したのは2GBプラン。
2GBプラン以外は、月額料金が他のMVNOよりも割高になっているので、オススメはできません。 しかし、2GBプランの料金は他MVNOと同水準並です。また、2GBプランの場合は「3日間制限が400MBと少し緩い(他MVNOは360MBが多い)」、Wi-Fiスポットがついてくる点など、他社よりもメリットと感じる点も。 と言うわけで、「NifMo」を契約するなら2GBプランがオススメです!

プラン内容はこちら ↓
NifMo(ニフモ) | MVNO(格安SIM)一覧表

APNは「mda.nifty.com」

nifmo_apn

NifMoの運営元は@niftyですが、@niftyはデータ通信専用の格安SIMとして「@nifty do LTE」を以前から展開しています。 そして、@nifty do LTEのAPNは「lte.fenics.jp」となっており、MVNEは「FENICS (富士通)」となっています。

NifMoのAPNは「mda.nifty.com」となっており、自社のドメイン。MVNEを挟まずに独自でサービス展開していると思われます。 なので「NifMo」と「@nifty do LTE」は、全く別の回線となります。

速度を検証!

では、サービス開始直後で、どれくらいの速度が出ているのかを、速度が低下しそうな時間帯で確認してみたいと思います。
条件は下記の通り。

  • 計測日は、2014年12月3日(水)
  • 計測場所は、神奈川県川崎市(LTE Band1エリア)
  • 端末は、SIMフリー端末「Ascend G6」
  • 計測アプリは、OOKLA SPEEDTEST サーバーはsuzuka

速度計測の結果は下記の通り。(速度結果のスクリーンショットが、夜 → 朝の時間順でしか取れません…速度結果の画像を、下 → 上に見ていくと、時間列で確認できるのでとても見やすいと思います)

nifmo_20141203_4

3日間で400MB以上使用したので、低速200kbpsに速度制限中。

nifmo_20141203_3
nifmo_20141203_2
nifmo_20141203_1

まだ始まったばかりなので当たり前ですが、非常に快適!
特に12:00〜13:00の時間帯もストレスフリーな速度です。

21:21以降から速度が落ちていますが、これは3日間の規制(3日間あたり〇〇MB以上で低速制限)中です。わたしの場合、契約したプランが2GBプランなので、3日間あたり400MB以上で下り最大200kbpsに制限となります。規制されている時は、200kbps前後と公表されている通りの結果になりました。

サービス開始直後で、大体どれくらいの速度が出るのかの参考としてみてください。
今後、速度が落ちていくと思われますが、どれくらいで落ち着くのかが気になりますね!

コメントを残す

このページの先頭へ