MVNOのSIMで発生するアンテナピクト問題について

今回は、「アンテナピクト問題」について解説していきたいと思います。

アンテナピクト問題とは、スマホやモバイルWi-Fiルーターなどに電波マーク(アンテナピクト)表示されますよね。データ通信できるにも関わらず、その電波マークが圏外になる状況のことを「アンテナピクト問題」が発生していると言います。

詳しく説明すると

モバイル端末の通信には

  • 音声通話・SMS用のCSドメイン
  • データ通信用のPSドメイン

の2種類あります。

スマホ(音声通話機能付き端末)の場合

スマホなどの通話機能付きの端末は、通話とデータ通信と両方に対応していなければなりません(電話だけしかできない端末やデータ通信だけしかできない端末はありませんよね。)

しかしデータ通信用(SMS非対応)MVNOのSIMはPSドメインのみです(もちろんですが、データ通信のみなので)。

スマホはCSドメインが使えるのにデータ通信用MVNOのSIMはCSドメインを使えません。そのような状況で、無駄にCSドメインを得ようとしリトライして通信し続けます(電波を探し続けるため、バッテリーを消費し続ける)。

電波が圏外にも関わらず、データ通信ができる状況で「アンテナピクト問題」が発生している状況ですね。

モバイルWi-Fiルーターの場合

モバイルWi-Fiルーターの場合は、データ通信用のPSドメインのみです。

SMS非対応MVNOのSIMもPSドメインだけなので、「アンテナピクト問題」は起きないと思います。(実際にわたしが確認したWi-Fiルーターでは起きていないですが、すべての端末で起きない保証はないです。)

では、「アンテナピクト問題」が起こるとどうなるのか?

「アンテナピクト問題」が起こっていると「セルスタンバイ問題」が発生します。アンテナピクト問題とセルスタンバイ問題は、よく一緒の問題のように紹介されているのは、そういう理由からです。

簡単に説明すると、

アンテナピクト問題が発生 → セルスタンバイ問題が発生 → 端末バッテリーの消費が早くなる。

という具合に、端末のバッテリー切れが早くなり、1日持たない端末も多くあります。それでは困ってしまいますね。

データ回線のみのMVNOのSIMでは必ず発生するのか?

アンテナピクト問題(セルスタンバイ問題)が発生するかは、端末によって異なります。なので、端末購入前に調べることをオススメします。

解決策として

「アンテナピクト問題」の解決策については「セルスタンバイ問題」は同じになります。なので、「セルスタンバイ問題」の対策記事『「セルスタンバイ問題」をきちんと対策して、バッテリーを長持ちさせよう!』を参照してください。

まとめ

「アンテナピクト問題」が発生すると必然と「セルスタンバイ問題」が発生して、端末のバッテリー持ちが非常に悪くなる。

問題解決のためには、SMS付きSIMを使うことが最有力候補(参照記事:「セルスタンバイ問題」をきちんと対策して、バッテリーを長持ちさせよう!)です。

コメントを残す

このページの先頭へ