ドコモ系MVNO(格安SIM)での「おサイフケータイ」について

osaifu

今回は、ドコモ系MVNOのSIMカードを使用した場合の「おサイフケータイ」についてまとめてみました。

まずは、SIMカードの色についてです。
ドコモ系MVNO(ドコモ)のSIMカードには、「赤色」と「ピンク色」があります。
詳しくはこちら ↓
ドコモ系MVNOで使うSIMカードの色を確認してみよう!赤色?ピンク色?

どちらの色のSIMカードでも、ドコモ系MVNOで「おサイフケータイ」は使用できます。
ただし、赤色とピンク色では「おサイフケータイ」で使えるサービスが異なります。

では、SIMカードの色によって、何が違ってくるのか確認していきましょう。

赤色のSIMカード

red-sim

赤色のSIMカードの場合、「FeliCa方式」のサービスに対応しています。

FeliCa方式には、主に「楽天Edy」や「モバイルSuica」があります。
赤色のSIMカードの場合、キャリアだけでなくMVNO(格安SIM)であっても「FeliCa方式」のサービスが利用できます。

赤色の場合、おサイフケータイが使えないと思っている人が多いみたいです。(わたしも以前そう思っていました…)

ピンク色のSIMカード

pink-sim

ピンク色のSIMカードの場合、「FeliCa方式」に加えて「TypeA/B方式」のサービスにも対応しています。

なので「楽天Edy」や「モバイルSuica」に加えて、TypeA/B方式である「paypass」や「Cashbee」などが使えます。

さて皆さん、聞き慣れないおサイフケータイがでてきませんでしたか? TypeA/B方式の「paypass」「Cashbee」は聞いたことがない人が多いと思います。
この2つは、主に海外で展開してる決済サービスです。「Type A/B方式」のサービス登録することで、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどで、決済サービスなどが利用可能となります。

海外で対応している決済サービスはこちらで確認できます。
海外で使えるサービス/国の紹介 | 使えるサービス・お店 | NTTドコモ

「TypeA/B方式」では、国内で有名なものがありませんね。

ドコモ系MVNO(格安SIM)の場合、利用できない「おサイフケータイ」も存在する!

ドコモ系MVNOで「おサイフケータイ」が使えることが分かりました。
しかし、ドコモ系MVNOの回線を使用している場合、一部のサービスで「おサイフケータイ」が利用できないものがあります。

この「ドコモ系MVNOを使っている場合」というのがポイントとなります。

使えないアプリの一例では「iDアプリ(かざしてクレジット「iD」)」です。
利用できない理由は、ドコモ本家と契約が必要で、ドコモ本家の通信網(SPモード)を使わないとアプリが起動できない仕組みになっているためです。

なので、ドコモ系MVNOでの「おサイフケータイ」は、ドコモ本家と契約している場合より使えるものが限られると言うことです。 とは言っても「iD」以外でドコモ本家の通信網(SPモード)が必要なものは、現時点(2014年8月)でないと思われます。

ほとんどの人は、「iD」を除いた場合、ドコモ本家と同じように「おサイフケータイ」が使えると思ってよいでしょう。

まとめ

「おサイフケータイ」は、SIMカードの色によって対応している「方式」が違います。
現時点(2014年8月)では、ピンク色のSIMカードの場合は、国内の「おサイフケータイ」に加えて、海外で利用できるようになると覚えておくとよいと思います。

また、ドコモ系MVNOで利用する場合、ドコモ本家の通信網(SPモード)が必要なものは使えないと言う事も覚えておきましょう。

MVNOと契約する際に、SIMカードの色が「赤色がいい」「ピンク色がいい」と言った具合に自分の好きな色を選べません。
現時点では、ピンク色のSIMカードが多い気がしますが、まだまだ赤色のSIMカードしか提供していないMVNOもあります。

しかし、赤色のSIMカードだからと言って「おサイフケータイ」が使えない訳ではないことが分かりました。 むしろ、国内での利用であれば、赤色のSIMカードだけで事足りる人が多いでしょう。 ピンク色のSIMカードで対応している、海外での決済サービスを使うことはかなり稀だし、ごく限られた一部の人だけだと思います。

ドコモ系MVNOでも「おサイフケータイ」は使えるし、SIMカードの色を気にする必要がある人は、ごく一部の人だけと言えるでしょう。

以上、ドコモ系MVNOでの「おサイフケータイ」についてでした。

4 Responses to “ドコモ系MVNO(格安SIM)での「おサイフケータイ」について”

  1. いち より:
    一応補足しておきますが、iDでの決済自体はMVNOでも可能ですよ。 docomoのSIMを使ってSPモードで初期設定さえしておけば。 MVNOのSIMに差し換えて以降はSPモードにできないので、iDアプリが使えないのは仰る通りですが。
    • 管理人 より:

      いちさん

      ご指摘ありがとうございます。また、有益な情報ありがとうございます!

  2. あき より:
    最近のドコモ系のSIMは白になってきています(ドコモのロゴすらも入っていません)。 あとiDですが、今は「iDアプリ (MVNO/SIMロックフリー端末版)」もあります。 ただし、対応端末がとても限られ、また、(dカード及びdカード miniを除く)クレジットカード型のiDの場合のみです。
    • 管理人 より:

      そうですね。ここ最近は状況が変わってきていますよね。近いうちに情報更新したいと思います!ご指摘ありがとうございます!

コメントを残す

このページの先頭へ