ドコモの白ロム購入予定者は今後に要注意!2015年5月1日以降に発売の端末でSIMロック解除が容易にできない状況に!

NTTドコモが2015年5月1日以降に発売する端末に対して、SIMロック解除の手続きや金額を変更しました。この改定により、5月1日以降に発売された端末を白ロムとして手に入れたユーザーは、SIMロック解除することが難しい状況になったと言えそうです。

白ロムの場合でSIMロック解除するのが難しい状況になった理由として、SIMロック解除するために必要な書類などが揃わないためです。SIMロック解除するには、「オンライン」「店頭」「電話」の3パターンありますが、それぞれでのSIMロック解除の手順と解除が可能なのか確認してみましょう。

今回の内容は、ドコモのサポート(電話)で確認しています。また今回の記事では、SIMロック解除に関する一部の内容だけとなります。SIMロック解除の金額や期間などは各自で確認してください。

オンラインによる受付

5月1日以降に発売する端末をSIMロック解除をする際に、端末を購入した本人のdocomo IDやパスワードが必要になります。このdocomo IDやパスワードがわかれば、白ロムであってもSIMロック解除は可能です。

docomo IDは携帯番号と紐付いているため、家族などの場合は聞けば済む話ですが、中古販売店などで白ロムを購入した場合には分かるはずもありませんし、教えて貰えるはずがありませんよね。

なので、白ロムで購入した場合は、SIMロック解除するのが難しい (実質無理) と言えます。

ただ、単純にdocomoIDとパスワードが分かれば、誰でもSIMロック解除は可能と言うことです。

ドコモショップによる受付

ドコモショップで5月1日以降に発売する端末をSIMロック解除をする際には、書類などが必要になるとのことです。

知り合いから貰った端末の場合では、知り合いの本人確認書類と自分の本人確認書類、委任状が必要になります。それさえ揃えば、誰でもSIMロック解除が可能とのことです。

中古販売店などで白ロムを購入した場合、委任状や端末購入者本人の確認書類を手に入れるのは不可能ですよね。なので、白ロムの場合は、SIMロック解除することが難しい (実質無理) と言えるでしょう。

ただ、本人確認書類と委任状、端末購入者の本人確認書類があれば、SIMロック解除は可能と言うことなので、家族や知り合いから端末を譲り受けた場合は、SIMロック解除はできそうですね。

電話での受付

現状、どのような形を取るかまだ未定だそうです。

まとめ

4月30日までに発売されている端末の場合、白ロムで手に入れたとしても、ドコモに手数料3,000円(税別)を支払えば、誰でもSIMロック解除に応じてくれます。もちろんドコモユーザーでなくても、SIMロック解除ができます。

今回の改定で、5月1日以降に発売される端末の場合、端末を購入した本人の書類やdocomo IDなどがないと、SIMロック解除ができない状況となります。

なので、5月1日以降に発売された端末を白ロムで手に入れた場合、SIMロック解除するのは実質無理だと思って下さい。状況としては、改悪かなとも…

まとめると、
今までは気軽にSIMロック解除できていたが、今後は、端末を購入した本人と紐付いている書類などがなければ、SIMロック解除ができない
と言った内容になっています。

5月1日以降発売の端末を白ロムで手に入れる時は、多少気に留めていた方が良さそうです。

捕捉

よく勘違いされている方が多いので少し捕捉しておくと、ドコモ系MVNOでドコモの白ロムを使う場合は、SIMロック解除をする必要はありません。白ロムを手に入れた場合、そのままでドコモ系MVNOのSIMカードを挿せば、通話・通信が可能です(APNの設定は必要です)。

白ロムをSIMロック解除する理由は、海外で使用するか、他のキャリアで使用するためです。ドコモ系MVNOではSIMロック解除してなくても、特に問題なく使用できるので安心してください。

コメントを残す

このページの先頭へ