2015年5月以降のドコモ端末「SIMロック解除」まとめ。白ロム購入は要注意!

docomo_simunlock

今回は、2016年5月以降にドコモから発売された機種の「SIMロック解除」に関してまとめてみたいと思います。

※ 以下の文章で「ドコモ端末」と記載があるものは、2015年5月以降に発売した機種を指しています。

2015年5月以降の機種から、SIMロック解除に関する条件が変更になりました。総務省が2015年にSIMロック解除を義務化させたことへの対応となり、2015年4月までの端末の場合、SIMロック解除に関する条件は異なります。今回は、2015年5月以降の機種の解説になります。

2011年4月~2015年4月に発売された機種のSIMロック解除に関しては、こちらを参照してください ↓

リンク2011年4月~2015年4月に発売された機種の手続き | ドコモ

SIMロック解除はどんな時に必要か?

ドコモ端末のSIMロック解除で特に注意したいのが「白ロム」のSIMロック解除です。今回は「中古ショップやオークションなどで白ロムとして購入した場合、SIMロック解除が可能なのか?」という点に焦点を当てて解説してみたいと思います。

さて皆さん、SIMロック解除をしようと思いますか?
どんな時にSIMロック解除をする必要があるか知っていますか?

よく勘違いしているのが、「ドコモ系MVNOで使うのに、SIMロック解除をしなくてはならない」ということ。大きな間違いです。必要ありません。

ドコモ系MVNOとドコモ端末の組み合わせの場合、SIMロック解除をする必要は全くありません。SIMロック解除しなくても、問題なくドコモ系MVNOで使用することができます。

また時々耳にするのが「SIMロック解除をしないとテザリングができない」ということ。これも間違いです。

ドコモ端末の場合、SIMロック解除してもしなくても、テザリングができるかどうかは機種依存となります。今まではテザリングができなかった機種が多いのですが、ここ最近発売されている機種はテザリングが可能となっています。詳しくはこちら ↓

参考ドコモ端末と格安SIMの組み合わせでも「テザリング可能」な機種がある!対応機種と検証!

なので、テザリングとSIMロック解除は全く関係ありません。なので、テザリングのためにSIMロック解除をする必要はないのです。

ではどんな時に必要かというと、au系MVNO(またはau)やソフトバンク※1やY!mobile、または海外で利用したい場合は、SIMロック解除が必要になってきます。

※1 ソフトバンクはIMEI制限があるため、SIMロック解除した端末でも使えない場合があります。

基本的に、SIMロック解除してもドコモ端末でKDDI網やソフトバンク網で使うのには、周波数帯が最適ではないため、全くオススメはしません。

白ロムのSIMロック解除について

多くの方は、海外でのSIMを購入して通信したいためにSIMロック解除をすると思いますが、白ロム(オークションや中古販売)でドコモ端末を購入すると、SIMロック解除は高い確率で不可です。ほぼほぼ不可(100%といってもよいぐらい)と思ってもよいでしょう。

なので、白ロムを購入してSIMロック解除しようと思っている方はかなり要注意です。

自分でドコモと契約して手に入れたドコモ端末であれば、SIMロック解除は契約から6ヶ月以上たっていれば容易に可能ですが、白ロムとして手に入れたものは要注意です。

では、なぜ、ドコモ端末を中古店やオークションなどで白ロムを購入した場合は高い確率でSIMロック解除不可なのか、解説したいと思います。まずは、ドコモのSIMロック解除の条件を確認してみましょう。

ドコモ端末のSIMロック解除の条件は?

ドコモ端末のSIMロック解除の条件は下記の通り。

  • 端末購入日から6か月以上経過していること
  • ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
  • 利用料金のお支払実績が確認できること
  • 契約者ご本人の購入履歴がある機種であること
  • すでにドコモを解約済の方は、解約日から3か月以内であること

上記の条件で、どれか一つでも漏れるとSIMロック解除はできません。簡単にですが要所を解説してみたいと思います。

SIMロック解除には、端末購入日から6か月(180日)以上経過していること

まず、端末購入日から6ヶ月(180日)以上経過していないとSIMロック解除ができません。これは多くの方が認識していることだと思います。

この条件だけであれば、中古ショップなどで購入したドコモ端末の白ロムであっても、問題なくSIMロック解除ができそうです。中古ショップなどで購入しても保証書に購入日が書いてあれば、いつ購入したかは明白なので、6ヶ月以上経っているかは簡単に分かりますね。

ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと

ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックは、中古ショップなどで購入した白ロムであっても、下記のサイトから確認することができます。

リンクネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト | docomo

ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトで、端末の製造番号(IMEI)を入力すれば、ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックの状態を確認することができます。判定がバツの場合、赤ロムとなり、SIMロック解除はできません。

ネットワーク利用制限に関しては、2016年6月1日以降で対象が拡大しています。

参考ネットワーク利用制限の対象拡大に関するお知らせ | ドコモからのお知らせ

基本的に○判定になっていれば、白ロムであろうとSIMロック解除の条件に引っかからないので、SIMロック解除が可能な条件の一つがクリアされたことになります。

白ロム購入時のSIMロック解除ができない殆どの理由はこれ → 「契約者本人の購入履歴がある機種であること」

今まで見ていきた項目では、白ロムであっても特にSIMロック解除が可能な条件ばかりでした。しかし、「契約者本人の購入履歴がある機種であること」という条件があるが故、白ロム時にアウトになる可能性が高いのです。というか、ほぼ100%アウトになるでしょう。

ドコモの端末は回線契約と紐付いており、誰がどの端末を購入したか(どの番号と紐付いているのか)、調べればすぐに分かるようです。

中古ショップなどで手に入れたドコモ端末(白ロム)の場合、その端末と回線契約があるのは、「中古ショップに売り払った人」となります。なので一般的に、白ロムを購入した人は回線契約者が誰なのか分からないはずです。

これが理由で、白ロムをSIMロック解除しようとドコモショップに持ち込んでも、SIMロック解除をしてもらえません。

繰り返しになりますが、「契約者本人の購入履歴がある機種であること」でアウトとなってしまうため、中古ショップなどで購入した白ロムではSIMロック解除できない可能性が高いのです。

docomo_simunlock_sh-02h

わたしは、ネット上の中古ショップで、2015年12月に発売した「AQUOS Compact SH-02H」を購入しています。この白ロムはドコモと契約した人がだれなのか分からないため、SIMロック解除はできません…。(何を勘違いしたのか、SIMロック解除できるものだと思って、うっかり買ってしまいました…。4万円…苦笑)

ドコモ系MVNOを利用するためにドコモ端末がほしい場合、SIMロック解除を今後する予定があるのか、購入時にはよく考えた方がよいでしょう。

知り合いからもらった端末や家族の端末などは、SIMロック解除できる可能性はまだある!

ここからは、実例で行きましょう。

先日、わたしは自分で回線契約していないiPhone 6s PlusをSIMロック解除してきました。私自身、ドコモとの回線契約は複数ありますが、iPhone 6s Plusは自分でドコモショップなどから購入したものではなく、弟から(端末だけを)買い取りました。弟はiPhone 6s Plusをドコモ契約(家電量販店の携帯売り場)にて購入しています。

なので、ドコモ回線とiPhone 6s Plusが紐付いているのは、わたしではなく「弟」となります。

詳しくドコモの回線状況を記載しておくと、家族全員でドコモに加入しており、わたしが契約している回線を代表回線とし、パケットシェアを組んでおり、弟は子回線として、わたしにぶら下がるような契約となっています。

ただ、このような状況であっても、上記で解説してきたように、弟から買い取ったiPhone 6s Plusは、「契約者本人の購入履歴がある機種であること」の条件に反しているため(わたしの回線とは紐付いていないため)、わたしがドコモショップに持っていても解除してくれません。

ちょっと本題から話がズレますが、iPhone 6s PlusのSIMロック解除の前に、わたしは中古ショップから購入したauのAndroid端末(白ロム)をSIMロック解除していました。auの白ロムは、他人が契約した端末であっても契約日から6ヶ月以上経っていれば、SIMロック解除に応じてくれます。

そんなこともあって、何を勘違いしたのか、iPhone 6s Plusも回線契約した本人以外であっても、SIMロック解除可能と思い込んでいました…。が、もちろんSIMロック解除できません…。

では話を戻しましょう。

ドコモショップに行き、お姉さんに確認してもらうと、本人の回線と端末が紐付いていないため、SIMロック解除は「できない」とのこと。条件通りですね。

ただ、弟から買い取ったものだったので、iPhone 6s Plusと紐付いている(弟の)電話番号は分かります。また、生年月日や住所などの情報も分かります。その趣旨を伝えて、再度確認してもらったところ、それもダメとのこと。

ただし、iPhone 6s Plusと紐付いている回線契約者本人に電話でSIMロック解除の確認が取れるならばOKとのこと。また委任状をもらってくればOKのようです。

要は、SIMロック解除には“必ず”端末と紐付いている回線契約者の同意が必要ということです。

わたしが代表回線で、弟が家族として子回線で紐付いていようと、SIMロック解除には関係ありません。家族関係であることが本人確認しなくても回線状況で分かるはずですが、必ず、端末と紐付いている本人に確認が必要とのことでした。盗難防止などのためでしょうか。auと比べるとかなり厳しい印象を受けました。

簡単にまとめると、ドコモ端末の白ロム出会ったとしても、端末と紐付いた回線契約者の同意を得られるような状況であれば、SIMロック解除ができるということです。

例えば、今回紹介した家族、友達などから買い取っり貰ったりする時は、友達の同意(電話確認や委任状に応じてもらえれば)を得れれば、SIMロック解除が可能ということになります。

友達から買い取ったりする時には、マイページ(MY doocmo)からSIMロック解除を申し込んで貰えば、手間もかからず、解除の手数料も不要なので、SIMロック解除してもらってから買い取るのがベストですよ!

SIMロック解除の料金と支払い方法

2015年5月以降のドコモ端末の場合、Web上で解除作業を依頼する場合など一部で“無料”となっています。SIMロック解除の手数料は下記の通り。

docomo_simunlock_commission

基本的に無料でできるのは、ドコモ端末とドコモ回線契約が紐付いている方がMy docomo(マイページ)から申し込みする場合のみとなっており、それ以外は、基本的に手数料として3,000円(税込3,240円)が発生します。

SIMロック解除したい端末がドコモ契約者本人ではない場合(ドコモを解約している場合)は、ドコモショップに行く必要がありますが、この場合も3,000円(税込3,240円)の費用が必要になります。

ドコモは事務手数料をクレジットカードで支払い可能

SIMロック解除したい端末の回線契約は持っていなくても、別途ドコモ回線があれば、そちらとまとめて支払いができるようです。また、その場での支払いも可能となっており、「現金払い」以外に「クレジットカード払い」にも対応しています。

ソフトバンクショップでは現金払いのみ、auショップでは現金払いのみと言われてた店舗と、クレジットカード支払いもOKと言われた店舗(2店舗が現金払いのみ、1店舗がクレジットOK)があります。auの場合、クレジットが使えないと言われた店舗がありますが、基本的にSIMロック解除でクレジット払いは可能(そういうオペレーションになっているとのこと)です。

支払い方法に関しては、ドコモショップがどの店舗でもクレジットが使えたり(auのように使える店舗と使えない店舗があったりはなく)と安定したオペレーションを行なっており、支払い方法に関しては一番柔軟な対応をしていると感じました。

2015年5月以降のドコモ端末の「SIMロック解除」、総まとめ

白ロムのSIMロック解除は、ドコモ端末と紐付いている回線契約者の同意が必要となり、これがないとSIMロック解除はできません。

昨今、SIMフリーもかなり普及してきました。また、ドコモの白ロムもかなり高価格帯になってきたこともあり、わざわざドコモ端末を白ロムで購入してSIMロック解除するという需要はほとんどないと思われます。

が、SIMフリーでは販売していない魅力的なハイスペック機種があることも事実です(galaxy S7 edgeなど)。また、ドコモの白ロムは格安SIMでテザリングが使えない機種が多かったのですが、ここ最近の機種は使えるようになってきました。

参考ドコモ端末と格安SIMの組み合わせでも「テザリング可能」な機種がある!対応機種と検証!

これにより最近のドコモ端末は格安SIMとの相性が非常に良くなったと思います。なので、白ロムでドコモ系MVNOで使いたいと思っている方も多いかもしれません。

ドコモ端末だと、SIMロック解除しなくてもドコモ系MVNOでは使えますが、au系MVNOやY!mobile、海外での利用にはSIMロック解除が必要になってきます。他キャリアやau系MVNOやソフトバンク網の回線を、わざわざドコモ端末をSIMロック解除して使う方は稀かもしれません。ただ、海外旅行に行った時に使う用途としてSIMロック解除をしたい方はいるはずです。

一番厄介なことは、ドコモ端末とau端末でのSIMロック解除の条件が異なることから、ドコモ端末の白ロムでもSIMロック解除できると勘違いしてしまうことです。(わたしも分かっているはずでしたが、勘違いしていました…)。

キャリアで対応が違うという点は、頭の片隅に入れておいて損はないと思います。

もし、端末を売ろうと思っている方は、SIMロック解除してから売った方が高く売れる可能性があるかもしれませんね! また、買う側としても中古ショップで手に入れてSIMロック解除をするにはほぼ不可能なので、SIMロック解除されているものがあったほうがよいですよね(中古ショップとかは、SIMロック解除してある端末がすぐに分かるように表記あるのかな?お店によるのかな…)。

購入した白ロムがSIMロック解除できず、端末代金を無駄にしないためにも、参考にしてみてください。

コメントを残す

このページの先頭へ