MVNOの回線提供元(MVNE)はどこ?リストアップ!

MVNOは、私達ユーザーに貸し出す回線を、自社で用意しているところと、他の業者(MVNE)から仕入れているところの2パターンがあります。

自前で用意しているMVNOは数が少ないのが現状です。自前で用意しようとすると、莫大な設備投資をしなければいけません。なので大抵のMVNOは、他社(MVNE)から回線を借りると言うわけです。

そこで今回は、MVNOが、どこから回線を仕入れているのかリストアップしてみました。

回線の提供元を「MVNE」と言ったりしますが、ネット上では「回線のOEM」と言われているのも見たことあります。「OEM」って上手いこと言いますよね!

回線の提供元(MVNE)を調べる理由

基本的にMVNOは、回線をどこから仕入れているかなどの情報は開示していません。では、なぜ、回線の提供先を調べたりするのでしょうか?

理由は、どこから回線を仕入れているのか分かると、信頼できる安定した回線かどうかなどが予想できます。
まだまだ回線速度や安定性で不安があるMVNOが沢山あります。そんな中、回線の安定性の目安として参考にしてみてください。

回線の提供元(MVNE)をリストアップ

「項目」「回線の仕入先(MVNE)」「APN」と記載の横にある矢印部分をクリックすると、順序の入れ替えができます。

項目 回線の仕入先(MVNE) APN
項目 回線仕入先 APN
OCN モバイル ONE OCN(自社) lte-d.ocn.ne.jp
BIGLOBE LTE・3G 不明(自社?) biglobe.jp
IIJmio IIJ(自社) iijmio.jp
So-net モバイル LTE So-net(自社) so-net.jp
DTI Freebit(親会社) dream.jp
パナソニック LTE 富士通 lte.fenics.jp
b-mobile 日本通信(自社) bmobile.ne.jp
dm.jplat.net
BB.excite モバイル LTE IIJ vmobile.jp
ぷららモバイルLTE OCN lte.mobac.net
楽天ブロードバンドLTE
エントリー/ライト/アクティブプラン
日本通信 dm.jplat.net
楽天ブロードバンドLTE
エントリープラス/ライトプラスプラン
NTT PC コミュニケーションズ lte-mobile.jp
U-mobile Freebit umobile.jp
ASAHIネット LTE OCN lte.mobac.net

MVNOが自社で回線を持っているのは、「OCN」「IIJ」「So-net」「日本通信」となります。どれも大手なのが分かりますね。

さてここで、回線速度や安定性に評判が良いMVNOと、あまり良くないMVNOで見比べてみると、回線の提供元で品質に差が出ていることに気がついたと思います。

「OCN」が提供している『OCN モバイル ONE』『ぷららモバイルLTE』『ASAHIネット LTE』は評判が良いですよね。また「IIJ」が提供している『IIJmio』『BB.excite モバイル LTE』も評判が良いです。

それに比べて、「freebit」が提供している『U-mobile』『DTI ServersMan SIM LTE』は、あまり評判がよくありません。「日本通信」が提供している『b-mobile』『楽天ブロードバンド LTE』も、あまりよい評判は聞きません。

まとめ

一概には言えませんが、回線品質は、提供元(MVNE)で、ほぼ決まると思ってよいでしょう。なので、格安SIMを契約するときには、回線提供元を調べてみるといいかもしれませんね!

今後発売されるワイヤレスゲートの格安SIMですが、回線の仕入先が「freebit」ではないのかと言われています。理由としては『DTI ServersMan SIM LTE』のプランとかなり似ているからだと思います。個人的にもそうだと思っていました。

しかし、最近になってDTIは提供しないとの情報を掴んでいます。(確実な情報ではありませんが…)まぁ、蓋を開けてみなければ分かりませんが、DTIと同じfreebitだと張り合いがないので、他社MVNEを期待しています。

コメントを残す

このページの先頭へ