「音声通話」付きのMVNOはどれを選ぶ?比較・検討してみよう!「データ通信」編 No.2

MVNOで「音声通話」プランの選び方について解説していきます。
今回は、「データ通信」編の第2回目ということで、高速通信量「2GB」プラン、「3GB」プランの比較・検討を見ていきたいと思います。

この記事は、複数構成で提供となります。

注意事項やポイントを再確認!

前回記事の各MVNOの注意事項やサービス内容の良し悪しのポイント

で、まずは注意するポイントを確認しておいて下さい。ここを確認しておくことが重要ですよ!!

高速通信量「2GB」のプランで比較

まずは、高速通信量が「2GB」のプランを確認してみましょう!

「2GB」の音声通話MVNOプラン一覧表

一覧表を見てみると、全部で「5プラン」ありました。高速通信量「2GB」のプランは、かなり需要がありそうな気がしますが、あまり選択の余地がなく残念です…

「2GB」プランでは、月額料金は「1,900円〜2,600円」のものがあり、最大で700円の差額があります。また、縛りについては「1年」と「5ヶ月」の2パターンだけです。

では各プランを比較してみましょう。
まずは、『IIJmio(みおふぉん)ライトスタート』『BIGLOBE LTE・3G 音声通話 ライトSプラン』を比べてみると、低速時の最大速度は『IIJmio』が「200kbps」、『BIGLOBE LTE・3G』が「128kbps」になります。また、月額料金も『IIJmio』の方が安いですね。 よって、サービス的に『IIJmio(みおふぉん)ライトスタート』が有利ですね。

『b-mobile スマホ電話SIM フリーData 2GB 高速データ』は、縛りが5ヶ月と少ないのが特徴です。また、『b-mobile スマホ電話SIM フリーData 1GB 高速データ』に+1GBキャンペーン適応させたものが、「月額料金1,900円」と魅力的な料金設定になっています。これなら縛りが1年になっても、1GBキャンペーンを適応させた方が良いと思います。

まとめ

高速通信量「2GB」のプランは、『IIJmio(みおふぉん) ライトスタート』または、『b-mobile スマホ電話SIM フリーData 1GB 高速データ + キャンペーン適応』のどちらかになります。

『スマホ電話SIM フリーData』は、画像の圧縮処理(画質が悪い)があるので、どちらかといえば

IIJmio(みおふぉん)ライトスタート

の方をおすすめしたいところです。au系MVNOであれば

mineo(マイネオ)デュアルタイプ 2GB

となります。

高速通信量「3GB」のプランで比較

次は、高速通信量が「3GB」のプランを確認してみましょう!

「3GB」の音声通話MVNOプラン一覧表

全部で「8プラン」となりました。高速通信量「2GB」のプランより多く存在します。多種多様で選びやすいのではないでしょうか。

高速通信量「3GB」のプランは、月額料金「1,980円〜3,738円」となっていて、差額は最大で1,758円です。かなりの金額差です。縛りについては、「1年」「6ヶ月」「5ヶ月」となります。

『IIJmio(みおふぉん)ファミリーシェア』の特徴は、SIMカードを最大3枚まで使用できることです。ただし、MNPで加入する場合、MNP出来るのは1台のみ。残り2枚のSIMはMNPでの加入はできません。

『hi-ho LTEファミリーシェア』の特徴は、SIMカードを最大3枚まで使用できることができ、『IIJmio(みおふぉん)ファミリーシェア』と違い「3枚ともMNPでの加入が可能」な点です。

『U-mobile 通話プラス 3GB』は、他社MVNOより圧倒的に安い月額料金1,980円と、縛り6ヶ月と少なく、違約金が6,000円と最安値という最大のメリットがあります。
しかし、デメリットとして、低速時128kbps、画像圧縮で画質悪い、通信規制(速度制限)の対象データ量の公表なしというのがあります。
個人的には、デメリットよりもメリットの方が大きい気がします。通信規制に引っかからなければ、低速「128kbps」になることもなく使用することができると思います。(3GBプランなので、1日100MBぐらい使用しないと3GBを使い切ることができませんね。なので、それぐらいで規制になることはないと思います。)

まとめ

高速通信量「3GB」プランでオススメなのは、

au系MVNOであれば
mineo(マイネオ)デュアルタイプ 3GB

ドコモ系MVNOでは、
U-mobile 通話プラス 3GB

という結果になります。

今回、複数SIMを選べるプランもありましたが、ここでは省略して次回の記事で紹介します。

まとめ

今回は、高速通信量「2GB」「3GB」の「音声通話」機能付きプランを検討してみました。「2GB」プランは、まだプラン数が少ない状態ですが、「3GB」プランは色々ありましたよね。「2GB」「3GB」プランは需要が多いと思うので、今後もプラン数は増えていく傾向だと思います。

ここで注目してもらいたい事があります。

  • 2GBプラン 『IIJmio(みおふぉん)ライトスタート』の月額料金2,220円
  • 3GBプラン 『U-mobile 通話プラス 3GB』の月額料金1,980円

となっているのに気づきます。そうなんです『U-mobile 通話プラス 3GB』の方が、高速通信量が+1GBに加えて、月額料金が安くなっています。

『IIJmio』は、とても良いサービス内容なので、かなりおすすめなのですが、『U-mobile』の月額料金の安さにはビックリだし、こちらも捨てがたい条件ですね。これに関しても検討してみると良いと思います。

以上、これで「データ通信」編 No.2は終了です。

次回予告:

次回は「データ通信」編 No.3として、高速通信量が「5GB」プランや「7GB」以上のプラン、そして「複数SIM」があるプランを検討してみたいと思います。

「データ通信」編、第3回目はこちら ↓

「音声通話」付きのMVNOはどれを選ぶ?比較・検討してみよう!「データ通信」編 No.3

コメントを残す

このページの先頭へ