『AQUOS PHONE ZETA SH-01F』で色々なベンチマークを計測してみました。

SH-01F

今回は、2013-2014冬春モデル『AQUOS PHONE ZETA SH-01F』のベンチマーク計測をしてみたいと思います!

「AnTuTu Benchmark」「Quadrant Standard」「3DMARK」「GFXBench」のアプリでベンチマークを測定してみます。

AnTuTu Benchmark

sh01f_benchmark_1
sh01f_benchmark_2
sh01f_benchmark_3

Quadrant Standard

sh01f_benchmark_4

3DMARK

sh01f_benchmark_9
sh01f_benchmark_10

GFXBench

sh01f_benchmark_5
sh01f_benchmark_6
sh01f_benchmark_7

まとめ

各スコアは、

  • AnTuTu Benchmark 28339
  • Quadrant Standard 18657
  • 3DMARK 13319

となりました。(GFXBenchは、総合スコアがないため省略)

ハイエンド端末であることには変わりありませんが、全ベンチマークで『GALAXY J SC-02F』『G2 L-01F』よりも悪い結果となりました。
とは言っても、体感差できるほどのレベルではないですね。

全体的にスコアが落ちた原因としては、Snapdragon 800 MSM8974のクロック数が2.2GHzと他の端末よりも0.1GHz落としているのが原因だと思います。

なので、ベンチマークは2013-2014冬春モデルの中では、低い結果となりました。防水機能付きなので、熱が篭もりやく、クロック数を下げて熱対策しているのかもしれませんね。

端末検討の際の参考にしてみて下さい!

コメントを残す

このページの先頭へ