白ロム『F-01F』が急速に値下がり!クワッドバンド対応端末が約3万!

2013-2014冬春モデル『ARROWS NX F-01F』の白ロムがが急速に安くなりました。Amazonでの白ロム価格は約3万円です。

先週の白ロム価格は35,000円以上だった気がします。急に落ちた背景には、新商品の発表が間近だからでしょうか?

2013年夏モデル『ARROWS NX F-06E』に続いて、非常に評判が良い端末です。ドコモ系MVNO(格安SIM)での使用では、周波数帯の対応数が今までの白ロムの中で一番多い「クワッドバンド」対応です。
高スペックでクワッドバンド対応スマホが3万で買えるなんて…

F-01Fの良いところ

主な良い所は、

  • 指紋認証
  • 防水機能付き – microUSB端子は、キャップレス防水
  • 3200mAh大容量バッテリー

でしょうか。

指紋認証は引き続きF-01Fでも採用されています。前機種F-06Eより認証成功率が良くなったという意見が多いです。

microUSBは、今まで防水端末はキャップがあり、充電する際に外す必要がありました(クレードルの場合、外さなくてもOK)。今回は「キャップレス」なので、使いやすいですね。

気になるバッテリーですが、3200mAh大容量バッテリー搭載で、1日ずっと使用して「使い切るかどうか」というぐらいバッテリー持ちが良いそうです。

あと、背面が丸みを帯びていて持ちやすくなりました。また、女性を意識したデザインになった気がします。

F-01Fの残念なところ

端末自体は、非常に良い仕上がりだと思います。不満があるとすれば、クレードルが付属しないこと。全機種までは、クレードルが付属していて便利だったので、その点が少し残念です。

後は、不満と言う程のものではないのですが、「ROMが32GB」になったこと。全機種のF-06Eが「ROM 64GB」と大容量だったので「ROM 32GB」だと少し見劣りするな…と。他社の端末の標準が32GBなので、不満や残念と思う程ではないですが、買う際に64GBと思って購入しないように注意したいですね。

まあ、それぐらいしか残念なポイントが思いつかないぐらい、良い端末です。

周波数帯は?

白ロムとして安く売っているスマホでは初の「クワッドバンド」対応です。LTEの周波数帯がBand1/3/19/21が対応で、国内で使うには最強ですね。

Band3が意外とサービスエリアを拡大してきているので、Band3の最大速度150Mbpsの恩恵を受けれるエリアにいる事が多い人は、もってこいな端末になるでしょう。

まとめ

クワッドバンド対応端末が、こんなに早く安くなるとは思ってもいませんでした。端末も使いやすそうですし、何よりバッテリーが非常に持つとほとんどの人が大絶賛しているので、格安SIM運用の人にも、おすすめできる良い端末ですね。
気になった人はチェックしてみてください!

コメントを残す

このページの先頭へ