『ARROWS NX F-01F』で色々なベンチマークを計測してみました。

F-01F

今回は、2013-2014冬春モデルのドコモ端末『ARROWS NX F-01F 』のベンチマーク計測をしてみたいと思います!
OSは、Android4.2.2です。

「AnTuTu Benchmark」「Quadrant Standard」「3DMARK」「GFXBench」「3DRating for OpenGL ES 2.0」のアプリでベンチマークを測定してみます。

AnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmarkのベンチマークは、下記の通り。

f01f_benchemark_1
f01f_benchemark_2
f01f_benchemark_3

スコアは、31929

Quadrant Standard

Quadrant Standardのベンチマークは、下記の通り。

f01f_benchemark_4

スコアは、20949

3DMARK

3DMARKのベンチマークは、下記の通り。

f01f_benchemark_5
f01f_benchemark_6

スコアは、15846

GFXBench

GFXBenchのベンチマークは、下記の通り。

f01f_benchemark_7
f01f_benchemark_8
f01f_benchemark_9

スコアは、各画像を参照。

3DRating for OpenGL ES 2.0

3DRating for OpenGL ES 2.0のベンチマークは、下記の通り。

f01f_antutu3d

スコアは、5114

まとめ

各スコアは、

  • AnTuTu Benchmark : 31929
  • Quadrant Standard : 20949
  • 3DMARK : 15846
  • 3DRating for OpenGL ES 2.0 : 5114

となりました。(GFXBenchは、総合スコアがないため省略)

全体的に、2013-2014冬春モデルの端末では、トップクラスの性能です。

『F-01F』がここまで、良い結果がでるとは思っていませんでした。と言うのは、『F-01F』のSoCは、Snapdragon 800ですが、クロック数が2.15GHzとなっています。『GALAXY J SC-02F』や『G2 L-01F』は、2.265GHzとクロック数が少し高くなっています。少しクロック数が低いとはいえ、高スコアを叩き出していますね!

個人的には、『F-01F』のパフォーマンスの良さにビックリする結果となりました。

端末検討の際の参考にしてみて下さい!

コメントを残す

このページの先頭へ