『FJL22』と『mineo』でセルスタンバイ問題、バッテリー持ちは?APN設定など

さて、今回は格安な白ロム『ARROWS Z FJL22』にau系MVNO『mineo』を使って、「セルスタンバイ問題」と「バッテリーの持ち具合」を検証してみました。そして、APN設定の時がうまくできない時の対処法も記載していきます。

ご存知の方が多いと思いますが、セルスタンバイ問題が発生すると、バッテリー持ちが非常に悪くなる現象が起きる端末があります。しかし、ここ最近発売された端末では、セルスタンバイ問題が発生しても、バッテリーに影響がない端末が多くなりました。

では、それを踏まえた上で『ARROWS Z FJL22』はどうなのか見てみましょう。

FJL22のセルスタンバイ問題は?

セルスタンバイ項目を見てみると「23%」と表示されています。これは、セルスタンバイ問題が起きているか/起きていないのかの判断が微妙なラインです。ただ、圏外時間を見てみると「0%」になっているので、「セルスタンバイ問題」は起こっていないと断定できます。

では、バッテリーはどうでしょうか?

バッテリーの減り具合は?

セルスタンバイ問題は起きていないので、バッテリーの減り具合も通常のauのSIMを使っている場合と変わりがないのは予想できますが、念のため「Battery Mix」で確認してみました。

クリックで拡大

見ての通り全く消費していません。体感的にも、スリープ時などに勝手に消費することなく、最新のスマホのバッテリー持ちと変わらないと感じました。

注意点はAPN設定時はWi-Fiをオフに

『FJL22』でAPNの設定をしている時に、Wi-Fiをオンにしていると「接続エラー」と表示されて、APNの設定がうまく行きません。(上記の画像左側)そんな時は、Wi-Fiをオフにしてみてください。そうするとすんなりとAPN設定ができ、LTEでデータ通信出来るようになりました。(上記画像右側)

だた、通知バー部分に「CPA」のマークが現れます。ちょっとうざったいですが…消すことはできないようです。

まとめ

『ARROWS Z FJL22』は「セルスタンバイ問題」は起こらず、「バッテリー持ち」も良好です。

全く問題なくau系MVNO『mineo』が快適に使えました。格安で白ロムが売られていますが、au系MVNO『mineo』との組み合わせは非常にコスパが良い端末だと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ