『GALAXY J SC-02F』で色々なベンチマークを計測してみました。

SC-02F

2013-2014冬春モデル『GALAXY J SC-02F』のベンチマークを計測してみたいと思います。
計測した『GALAXY J SC-02F』のOSは、「Android4.3」です。

わたしも端末を手に入れたので、今後レビューしていきたいと思います。

今回は、「AnTuTu Benchmark」「Quadrant Standard」「3DMARK」「GFXBench」「3DRating for OpenGL ES 2.0」「3DRating for OpenGL ES 3.0」でベンチマークを計測してみました。

『GALAXY J SC-02F』は、購入時のOSのバージョンは、Android4.3です。Android4.3からは、「openGL ES3.0」をサポートしているので、「3DRating for OpenGL ES 3.0」でのベンチスコアも加えています。

では、見ていきましょう!

AnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmarkのベンチマークは、下記の通り。

sc02f_benchmark_1
sc02f_benchmark_2
sc02f_benchmark_3
sc02f_benchmark_4

スコアは、31353

Quadrant Standard

Quadrant Standardのベンチマークは、下記の通り。

sc02f_benchmark_8

スコアは、21457

3DMARK

3DMARKのベンチマークは、下記の通り。

sc02f_benchmark_5
sc02f_benchmark_6

スコアは、18740

GFXBench

GFXBenchのベンチマークは、下記の通り。

sc02f_benchmark_9
sc02f_benchmark_10
sc02f_benchmark_11

スコアは、各画像を参照。

3DRating for OpenGL ES 2.0

3DRating for OpenGL ES 2.0のベンチマークは、下記の通り。

sc02f_antutu3d

スコアは、5273

3DRating for OpenGL ES 3.0

3DRating for OpenGL ES 3.0のベンチマークは、下記の通り。

sc02f_antutu3d_ver3

スコアは、3314

まとめ

各スコアは、

  • AnTuTu Benchmark : 31353
  • Quadrant Standard : 21457
  • 3DMARK : 18740
  • 3DRating for OpenGL ES 2.0 : 5273
  • 3DRating for OpenGL ES 3.0 : 3314

となりました。(GFXBenchは、総合スコアがないため省略)

2013-2014冬春モデルの中で比べて見ると、ほぼすべてのベンチマークで高いスコア結果だと思います。ベンチマークはブーストしているか分かりませんが、とにかく「ハイスペックすぎる端末」には間違いありません。

ベンチスコアも高いですが、実際に触ってみても本当にヌルサク端末です。ここまでハイスペック端末になると、かなりオーバースペックな気がします。

コメントを残す

このページの先頭へ