『b-mobile』5段階定額の「おかわりSIM」を6月10日から販売!1GBでは500円と割安設定!

b-mobile_okawari-sim_20150605

日本通信が展開する格安SIM『b-mobile』が新しいプラン (SIM) として、「b-mobileおかわりSIM 5段階定額」を6月10日より発売します。

データ専用SIMで、SIMのタイプは「標準」「micro」「nanoSIM」、最低利用期間や縛りはありません。

プラン詳細

5段階で容量・月各料金が変わります。詳細はこちら ↓

  • 1GBまで → 月額500円
  • 2GBまで → 月額750円
  • 3GBまで → 月額1,000円
  • 4GBまで → 月額1,250円
  • 5GBまで → 月額1,500円

「おかわりSIM」の特徴はこの「5段階」という点。
今までは「ぷららモバイル LTE」や「U-mobile」の二段階までしか存在していませんでした。 5段階と細かくデータ容量が分割設定されているので、月によってはデータ通信量が少ないのに、定額 (データ使用量以上) の高い料金を払っていて、もったいないと感じていた人にはピッタリなプランだと思います。

また良い点として、1GBの場合は500円と業界最安値 (発表時点でDMM mobileは1GB/660円) となっており、+1GB増えていくことに+250円となります。価格設定は非常に良心的で好印象です。

注意したい点として、低速時に直近3日間で360MB相当で速度制限があります。

※お客様間の公平を確保するため、低速度時(200kbpsに制限時)において特にご利用の多いお客様(当日を含む直近3日間の通信量の合計が300万パケット(360MB相当)以上)に対して、速度を制限する場合があります。

引用元:おかわりSIM プラン・料金について

5GB超のデータ通信量になってしまった場合、低速規制 (最大200kbps) され、さらに直近3日間で360MB以上の使用で、もっと低速になる場合があるとのこと。この制限に掛かった場合、れくらいの速度が出るのか気になるところです。

また5GB超過後は、高速通信量の購入 (Turbo Charge) に、「100MB/300円」「500MB/1,200円」となります。直近3日間で360MB以上の低速規制を回避するために購入していると、月額料金が全然割安にならなくなるので注意したいですね。

まとめ

個人的には、毎月のデータ使用量に変動が大きい人や1GB以内で必ず収まる人にはオススメかと思います。できれば5GB超過後は、「b-mobile SIM 高速定額 (無制限プラン)」と同じ月額料金となり、無制限で使えるようになると非常に使い勝手が良かったかなと。

情報源:

4 Responses to “『b-mobile』5段階定額の「おかわりSIM」を6月10日から販売!1GBでは500円と割安設定!”

  1. nikako より:

    個人的には「あ、このプランいいな」と思いました。

    現在ドコモのiPadを使っていて、2GBを契約しているのですが 1ヶ月1GBに満たないときもあれば動画を見すぎて速度制限くらう時もある、という非常にまちまちな使い方をしているので。

    機種変したら新しいSIMを挿そうと思っていて、U-mobileさんは前に使っていて、速度が不安定で非常に非常に使いにくかったので ダブルフィックス?プランは絶対契約しない(笑)と決めていたので・・・
    速度もそれなりのようですし、評判しだいで使ってみようと考えています。

    • 管理人 より:

      nikako さん

      5GB以内に常に収まるけど、まちまちな使い方をしている人にはもってこいのプランだと思います!

      個人的にも、ちょっと気になっているプランではあります。他のMVNOも出してくれないかな…

  2. 匿名 より:

    ここにDMMが対抗してくれると有り難いがどうなるか…
    課金方式が特殊だから無いかな?

コメントを残す

このページの先頭へ