家電批評「SIMフリー完全ガイド」が734円で発売。mineoのエントリーコード付き+3ヶ月2GB増量に!紹介キャンペーンも併用可能でAmazonギフト券2000円貰える!

追記:2017/01/31
紹介キャンペーンでアマゾンギフト券がアマゾンギフト券が1,000円から2,000円にアップした趣旨を反映しました。

家電批評「SIMフリー完全ガイド」が734円で2016年10月17日発売され、この特集本にはmineoの事務手数料3,000円(税抜)が無料になるエントリーコードが付いてきます。また、開通の翌月より、データ容量2GB×3カ月の増量となるのが大きなメリット。

mineo_kadenhihyo_20161017_1
mineo_kadenhihyo_20161017_2

この本のエントリーコードで申し込みが安く契約できる!

このエントリーコードを使って開通すると、mineo契約事務手数料3,240円(税込)が0円に。また、うれしいことにこの特集本のエントリーコードから申し込むと開通の翌月より、2GB×3カ月のパケットが増量されます。

公式mineo

このエントリーコードは、データ専用SIM/音声SIMのどちらかを選べ、またDプラン(ドコモ網)かAプラン(au網)を選べるので、一般的に販売されているエントリーコードと同等のものです。Amazonなどで売っているエントリーコードは現時点(2016/10/16)で、909円となっています。

家電批評の「SIMフリー完全ガイド」は734円なので、こちらの方がお得。更に、3ヶ月x2GB増量特典もあるので、お得度はかなり上がりますね!

mineo_kadenhihyo_20161017_8

この特集本に付いてくるエントリーコードを使っても、mineoで行っているキャンペーンは適用されます。

紹介キャンペーンでAmazonギフト券2,000円分が貰える!

mineo20170131_2

期間: 2017年1月20日(金)~2017年5月9日(火)

mineo(マイネオ)では、既存ユーザーから紹介されたURLを経由して新規加入した時に、両者(紹介先・紹介元)にAmazonギフト券2,000円分をプレゼントするキャンペーンとなっています。

以前はAmazonギフト券1,000円分だったのですが、1月20日より2倍の2,000円となりました!

このブログでの紹介URLは、下記の通り。こちらから申し込むと2,000円分のAmazonギフト券が貰えるので是非活用してみてください↓

紹介URL http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F8U2C6U9H8
( mineo紹介キャンペーン|mineo )

上記のURLからの申込みでも、エントリーコードが利用可能となっているので、特集本のエントリーコードを入力すると手数料無料で、Amazonギフト券2,000円分がもらえるため、特集本の購入代金よりも多くの還元となります!

もし知り合いにmineoの紹介URLなどを持っている人がいない場合、このブログの紹介URLを活用していただけると、サイト運営の励みになります m( _ _ )m

特集本に付いてくるエントリーコードの期限は、2017年10月31日までと長い!

mineo_kadenhihyo_20161017_7

エントリーコードは2017年10月31日までと、かなり余裕があります。手に入る内に手に入れておきましょう!

まとめ

mineo_kadenhihyo_20161017_6

いろいろとキャンペーンも含めて紹介しましたが、まとめてみると、

  • 家電批評「SIMフリー完全ガイド」の購入代金734円でmineoのエントリーコードが付いてくる
  • 付いてくるエントリーコードを使って契約すると、3ヶ月x2GB増量
  • 紹介URLからの申込みで、Amazonギフト券2,000円分が貰える

特集本のエントリーコードを利用しつつ、紹介キャンペーンからの申込みであれば、利用通常契約するよりもかなりお得に契約できることになります。この方法が今のところ一番オススメです!

mineoを検討している方は特集本が売り切れる前に、まず購入しておいた方が良さげ。ECサイトなどでは在庫切れが多発しており、本屋やコンビニで見つけたら即買いするぐらいが良いかもしれません。

追記:2017/01/31
1月31日時点でAmazonで在庫が復活しています!

2 Responses to “家電批評「SIMフリー完全ガイド」が734円で発売。mineoのエントリーコード付き+3ヶ月2GB増量に!紹介キャンペーンも併用可能でAmazonギフト券2000円貰える!”

  1. ななし より:
    紹介URL使わせて頂きました^ ^

コメントを残す

このページの先頭へ