【速度レビュー】『FREETEL SIM』動画や画像、一部のアプリで速度が遅い事例を検証してみた

package_freetel

追記:現状は下記検証結果よりも速度がそれなりに出るようになっています。

FREETEL SIM』が、「速度ベンチマークアプリでは速いけど、動画や画像の読み込みが遅い!」と言われています。これは、以前からも遅かったりしたのですが、3月前半あたりでさらに酷くなっているようで、実際にどれくらい遅いのか簡単に検証してみたいと思います。

また、帯域制限か速度計測アプリだけ速度を速く表示するブーストかのどちか(以下、帯域制御)を、時間帯によって変動的に行なっているのようです。
簡単にサラッと検証したものなので、明確なことは言及できないため、参考程度にお考え下さい(間違っている可能性もあります)。

追記:2016年5月
「FREETEL World 2016 Spring/Summer」の発表会で「他社さん同様チューニングはしているが、特定のアプリや通信内容で通信速度制限をするといったことはしていない」と発言していたようです。

また、下記のように発言していたようです。

数週間は遅い状態が続いていましたが、設備側の問題だとしてもちょっと納得いかない人の方が多いのではないでしょうか。

また別問題ですが、Priori 3S LTEでFOMAプラスエリアで繋がらない問題があったのですが、アップデートで「受信感度の調整」だけで済ませています(繋がらないことに関して全く説明なし)。なんだか、不信感だけが募ります。

と言うことで、実際に速度制限はしていなかったのか、かなり疑問です。また、現状でもこの検証結果よりも速度は回復しているとしても、全く帯域規制をしていないわけではありません。一部のアプリでは、速度計測結果とかけ離れた速度しかでないため、一部のアプリに関しては帯域制御をおこなっていると思われます(ただ、FREETELはアプリ毎に最適化をすると発言しているので、特に問題なし)。

— 追記終了 —

遅いと評判…

2016/07/27, 22:15 2016/07/31, 1:55

画像で検証してみた

まずは、画像の読み込みを見ていきたいと思います。

平日12時30分前後

平日の12時42分の時点で、画像の読み込み速度を確認します。SPEEDTESTアプリで速度結果が同じぐらいの「Wonderlink Fシリーズ」と比較もしてみました ↓

freetel_20160308_4

若干、Wonderlink Fシリーズの方が下りが遅いですが、許容範囲内でほぼ同じだと思ってよいでしょう。

時間軸が上の画像と前後して申し訳ないですが、12時40分付近でDropboxに入っている画像を端末にダウンロードしてみました ↓

freetel_20160308_2

↑ 画像が分かりづらいが、FREETEL SIMは下り「299kbps」、Wonderlink Fは「5.7Mbps」と大幅に速度結果が異なりました。

freetel_20160308_3

↑ 更に画像をダウンロードしてみましたが、やはり速度はWonderlink Fシリーズの方が速い結果に。

明らかにFREETELの方が速度が出ていないのが分かります。平日の12時台(12時30分前後)は、上記結果のように画像(動画)のダウンロードを規制している(または、速度計測アプリだけ良い結果がでるようにしている)ようです。体感的にもFREETELの方が圧倒的に遅く、帯域制御か速度計測アプリだけブーストしているのは明らかです。

とはいえ、12時台にWeb閲覧での画像の読み込みは、それほど不満に思うことはない速度でした。画像が多めのWebサイトを見ていると、画像部分の表示が若干遅いかなとも思いますが、テキスト部分はすぐに表示されるほうです。ただし、遅いと感じる方も多いと思います。

他の格安SIMの場合、この時間帯はWebサイトの表示が非常に遅いので、FREETEL SIMはまだ快適な方かなという印象です(快適というわけではなく、他の格安SIMよりも若干マシ程度)。

12時を過ぎると…

freetel_20160308_8

13:29前後で確認してみると、画像のダウンロードは通常速度に戻っており、すぐにダウンロードが完了しました。あきらかに差があるので、12時台は制限しており、時間帯によって帯域制御か計測アプリのブーストをしていることが分かります。

19時も制限されている…

平日12時台に続いて、格安SIMで速度が落ちやすい夕方以降の時間帯も、帯域制御しているようです。

freetel_20160308_99

19時台も制限されていました。
SPEEDTESTアプリで下り「11.56Mbps」でしたが、画像のダウンロードは「299.5kbps」程度しか出ていません。

動画で検証

では今度は、YouTubeでストリーミング動画を再生して速度を確認してみたいと思います。

平日9時台

まずは、比較的帯域が空いている時間帯の午前9時台に計測してみました。

freetel_20160308_11
freetel_20160308_12

平日9時台は、全く制限されていないのが分かります。SPEEDTESTアプリで下り「11.39Mbps」、YouTube 720p再生で「11.6Mbps」の速度結果でした。YouTubeのストリーミングでも実測値と同じぐらいで、帯域制御はありません。

12時30分前後

では、12時30分前後も確認してみましょう ↓

freetel_20160308_13

SPEEDTESTアプリでは、下り「16.59Mbps」と非常に良い数値が出ています。この時間帯でこの数値通りの速度が出れば、素晴らしいですね!

freetel_20160308_14

しかし、動画のダウンロード(ストリーミング)は、「267.9kbps」とかなり遅い結果でした。この時間帯の速度は下り10〜400kbps程度でした。

動画ストリーミングでは、バッファが全く溜まらず、すぐに動画が止まってしまう状態です。体感的にも、非常に遅いと感じました。

動画ダウンロード(ストリーミング)も、画像ダウンロードと同じように、同じ時間帯に同じように帯域制御しているようです。

また、今回はYouTubeを使用しましたが、YouTube以外でも規制されていると思います。個人的に確認したところ、GooglePlayでのアプリのダウンロードも非常に遅い状態でした。

まとめ

結果通り、時間帯によって、帯域制御しています。上記以外の時間帯でも速度が低速化しやすい時間帯は、速度制限されているかもしれません。

FREETEL SIMの速度制限(帯域制御)について、まとめてみると

  • 時間帯によって、帯域を絞っている(速度規制をしているか速度計測アプリのみをブースト)
  • 帯域制御している時間帯は、動画や画像などの読み込みが遅い、Webサイトも快適には閲覧できないがイライラするほどではなかった(けど、確実に読み込みは遅い)
  • 一部のアプリでは12時30分前後でも下り1Mbpsぐらいでるものがあり、わりかし快適に使えた
  • 規制されていない時は、動画や画像の読み込みなども快適

といった感じでしょうか。
その時の状況にもよると思われますが、わたしが確認した時は、8時台、12時台、17時〜23時の一部の時間帯で帯域制御されていたようです。

特に17時台〜23時台は、時間が経つに連れて、徐々に速度が回復するような印象を受けました。21時台よりも22時台の方が速い、22時台よりも23時台の方が速度が出やすい印象です。しかし、24時手前(23:45前後)までは、YouTubeで720pの動画を再生すると、何回も止まるぐらいのレベルで、この時間帯まで遅いことには変わりありません。

12時台も、12時30分前後が一番速度が遅くなる傾向で、13時に向かうにつれて徐々に速度が回復していく印象を受けました。

なので、一般的に格安SIMで遅くなる時間帯の12時台や夕方以降で、100〜400kbps程度しか出ないということではなく、その時々によって変化します(変動幅は100kbps〜1.5Mbpsあたりでした)。

となると、時間帯で帯域を絞っているというよりは、一般的に速度が落ちる時間では、速度計測アプリだけブーストして表示しているだけかもしれません。

また、12時30分前後は、下りがYouTubeで約100〜400kbps、chromeで100〜600kbps、ヤフーニュースアプリで200〜1.2Mbpsと、アプリによって速度がバラバラでした。ヤフーニュースアプリなどは比較的快適に使えたりします。

速度計測アプリだけブーストしているのか、動画や画像、一部のアプリだけ速度制限しているのか、真相は分かりませんが、とりあえずどちらかの措置はとっています。
あきらかに遅いと感じる時間帯はあります。

ということで、速度計測結果と体感速度は全く異なっているため、速度計測は全く意味がないものとなっています。
参考にしてみてください。

帯域制御する格安SIMと覚えておこう!

「帯域制御」ができるということは、変動的に規制を掛けることができますよね。例えば、「昨日は朝10時から規制だったのが、今日は朝9時から規制する」といったように、MVNO側が自由にコントロールできる格安SIMということ。もし、時期によって変則的に行われたら、ユーザーは非常に使いにくいですよね。(以前にb-mobileがある時期から速度計測アプリを制限し始めた)

こういったことがあるのを理解して契約するのであれば問題無いですが、知らずに契約すると「昨日までは同じ時間帯で快適なのに、今日から遅くなった…」と、困った事態になる可能性もあります。

また、今回の検証結果のように、「速度ベンチマークアプリで速度が出ているのに、動画が…画像が遅い!」と、契約してから気づく人がもいるでしょう。動画を目的で使う予定だった人などは、ちょっと困ってしまいますよね。

なので、FREETEL SIMは、「帯域制御する格安SIM」ということを覚えておいて下さい。

ここで付け加えておくと、制御はしていますが、動画や画像の読み込みが規制されていない時間帯は、非常に快適に使うことができます。また、規制されている時や平日の12時台であっても、Line、メールなどは快適に使うことができます。ネットサーフィンは、ユーザー次第ですが、わたしは他の格安SIMと比べてわりかし快適かなと感じました。

これを踏まえると、月に1GBぐらいしか使わないライトユーザーにとっては、FREETEL SIMは使いやすいものと感じると思いますが、ストリーミング動画などをよく使う人にとっては、非常に使い勝手の悪い格安SIMと言えそうです。ユーザー用途で快適さが異なって切る格安SIMってことですね。

帯域制限は悪?

個人的に帯域を絞ること(速度を落とすこと)を「悪」と思っていません。
FREETELも元々、速度をコントロールできる趣旨の内容(帯域制限)を発言していることから、「制御するんだ…」ぐらいの認識でした。

「(通信速度を)アプリごとに最適化する」(同氏)のも特徴。データ量の少ないSNSなどでは帯域を絞り、動画のような大容量サービスでは高速に通信させるといった制御を行うようだ。具体的には、「レイヤー7というアプリ単位で制御する機械と、ポリシーを制御する機械をクロスで提供して、このアプリは遅く、このアプリは速くするといったことができる」(担当者)という。

引用元 ↓
“フルラインアップ戦略”を掲げる新生「FREETEL」への期待と不安 – ITmedia Mobile

もちろん適切に最適化を行うのであれば、一部のアプリなどで帯域を絞ッテも特に問題はないと思います。一部の人が帯域を占領するのではなく、公平に分け合うという点では有意義な事です。FREETELも、そういった意味で帯域制御を行なっているものだと思われます。

しかし、少し疑問に思うことがあります。
FREETELは、「爆速」「ぶっちぎり」や「W倍速」という言葉を頻繁に使っています。こういった言葉を使っておきながら、動画や画像の読み込みを制限する時間帯があり、それによって快適に使うことができないことは、個人的に矛盾していると感じてしまいます。

このような言葉を使うのであれば、過大広告にならないように、どんな時間帯でも、どんな使い方をしても、快適に使える格安SIMを提供してほしいところです。

帯域が足らなくなる時間帯に一部のアプリや動画、画像などで速度規制したり、速度計測アプリだけブーストするのであれば、その趣旨をもう少し説明・記載してもらうと印象がまだよかったのではないかなと思います。

帯域制御する格安SIMは使わないべき?

帯域制御で、ユーザーがそれなりに快適に使えるレベルまでの制限であれば、不満は起こらないはずです。楽天モバイルもストリーミング動画を制御していると思われますが、それほど不満が出るほど遅いわけではありません(個人で確認したところ、SPEEDTESTアプリで下り10Mbpsの時にYouTubeでは2Mbps程度だった)。

しかし、FREETELの場合、速度が速いことを謳っている割には、何度もストリーミング動画が止まってしまうぐらいの速度なので、ちょっと行き過ぎでは?と思ってしまいます。

この調整は、非常に難しいところだと思いますが、MVNOの都合で行き過ぎてしまうと、ユーザーの不満が多くなりますよね。まして、速度計測アプリでは良い数値が出ていても、実際に使いにくかったら意味がないものです。

個人的には、帯域制御が悪とは思わないにしても、帯域制御をする格安SIMはなるべく避けた方がよいと思います。人にも非常に薦めにくいですよね。

もし帯域制御する格安SIMを契約するならば、なるべく信頼あるMVNOを選ぶべきです。FREETELの他にはb-mobileが帯域制御をしていることで有名ですが、他の格安SIMでも一部のアプリや動画、画像で帯域を絞っています。

速度だけでなく、サービス内容や信頼度で格安SIMを選ぶ時代になったと思う今日この頃でした(笑)

この辺りは実際に使ってみて、体感してみないと分からないものです。
なるべく色々なサイトやブログなどで情報を集めて、格安SIMを検討してみてください。

※規制はいつ変わるか分からないので、参考程度に!

追記:
FREETELは、一部のユーザーの異常な利用による、一部サイトで速度低下について、ブログを更新しています。

時期的に重なってしまっていますが、上記リンク先では、ユーザーの異常な利用によるとありますので、今回の内容とは別問題です。法的措置ともあるので、かなり悪質な使い方をしている人がいるようです。FREETEL SIM for iPhoneではApp Storeの通信が無料です。for iPhoneで、偽装して実質無料で使いまくっているとかでしょうか…。

6 Responses to “【速度レビュー】『FREETEL SIM』動画や画像、一部のアプリで速度が遅い事例を検証してみた”

  1. 匿名 より:
    参考になりました。有難うございます。
  2. ポテト より:

    12日頃から自宅のルータへのVPN接続が劇遅になりました、
    Downloadは6メガ前後ですが、Uploadが0.00です、
    計測はAndroid端末のSPEED TESTからです。
    VPN接続の経路を全てのアドレスに設定していますので
    SPEED TESTは自宅のルーターで折り返し後、光回線経由です。
    今日16日午前2時すぎのVPNを通さないテストでは上
    下共に20Mオーバーを記録していました。
    FREETELのGATEWAYはSPEED TESTアプリの通信は最優先で処理し、その他の通信は種類毎に帯域規制を行っています。
    私としては自宅とのVPN通信で普通の速度がでないと実用になりません。 早急に他社のSIMを手配します。 参考までに報告しておきます。

  3. けーじ より:
    こんにちわ、大変参考になる情報をありがとうございます。 本日(3・16)、FREETELのSIMで動画再生時の速度を検証したところ、 お昼、夕方ともに5Mbps程の速度が出ていました。 今のところ問題なく利用できています。 今後、この記事のような現象が起こるかもしれないので、注意しながら使っていきたいと思います。 因みに、今回の速度はTCPモニターというツールを用いて検証しました。 管理人様が検証に使っているアプリ(画面右上に数値のみでるもの)は、どのようなアプリでしょうか?? 一般の人でも使えるアプリなら教えて頂きたいです^^
    • 管理人 より:

      けーじさん

      お、快適になってましたか!
      わたしも確認してみます!
      良い情報ありがとうございます。

      わたしも信用できるツールの一つとして、「TCPモニター」を使っていますが、若干面倒くさい時に(笑)、簡易用モニターツールとして今回検証で使っている「通信量・通信速度モニター」を使っています。

      URL貼っておきますね ↓
      https://play.google.com/store/apps/details?id=com.andcreate.app.trafficmonitor&hl=ja

      私は課金して広告などを解除して使っています。無料でも使えるのですが、画面上に数値を出すには、もしかすると課金しなければならないかもです…。

      • けーじ より:
        管理人様 ありがとうございます!こちらのアプリ、無料でも問題なく使えるようです♪ またご訪問させていただきます^^

コメントを残す

このページの先頭へ