【速度レビュー】『FREETEL SIM』速度低下したけど、概ね満足できる通信速度と品質!ただ動画やアプリのダウンロードなどは遅いと感じる…

freetel-sim_package

今回は、「FREETEL SIM」の速度レビューをしたいと思います。

ご存知のとおりかもしれませんが、10月から爆速体感キャンペーンを実施しているからか、10月に入った途端に速度がかなり遅くなってしましました。ただ、速度が落ちた現状でも概ね快適に使えています。

しばらく注視していたのですが、10月の前半は、“1日を通して下りが4Mbps程度で一定” だったので、単純に速度計測アプリに帯域制限 (速度制限をした) を掛けただけかと思っていました。しかし、高速データ通信量で使うユーザーが増えたり、新規ユーザーが増えたことによっての、帯域不足が原因で速度低下が起こっていたようです。夜中になると、速度が一気に回復します。

爆速体感キャンペーンを実施中のFREETEL SIMですが、FREETEL側も「爆速ではない」ことを確認しているようで、明日 (10月16日) に増強を予定しています。

臨時増速のお知らせ – FREETEL

増強手前の現状でも概ね快適に使える速度を保っていますが、「爆速を体感できる」とは、大きくかけ離れている速度結果となっています…。(FREETELが何を「爆速」と定義しているのか、よく分かりませんが…)

(ピーク時間帯に速度が遅くならない) 通信品質の安定は、現状でも満足度が高い状況です。速度に関しては「概ね満足」できますが、アプリやダウンロードによっては「遅いな…」と感じることもしばしば。

増強後の速度も計測して記事にする予定なので、「どれくらい速度が変化するか」などを一つの指標として、増強前である現状の速度を公表したいとお思います。参考にしてみてください。

では、速度計測結果を見ていきましょう!

検証条件

計測に使用した格安SIMのプランは、「FREETEL SIM (使った分だけ安心プラン)」になります。条件は下記の通り ↓

  • 【計測日】2015年10月14日(水)
  • 【計測場所】神奈川県川崎市
  • 【計測環境】LTE接続 / キャリアグリゲーション非対応端末
  • 【端末】 SIMフリー端末「FREETEL SAMURAI 雅 (MIYABI)」
  • 【計測アプリ】OOKLA SPEEDTEST サーバーはfussa-shi

注意事項

速度計測日時と記事掲載日時は異なり、記事掲載時点で速度結果が異なる場合があります。

接続先サーバーの状況、電波 (電波強度や掴んでいる周波数) 、基地局の状況によっても速度差が発生します(基本的に速度低下はMVNOの設備の帯域不足が原因ですが、基地局が極端に混雑している場合、キャリア (MVO) 側の理由で速度低下が発生します) 。ご了承下さい。

SPEEDTESTの画像は見やすいように加工を加えています。

平日 午前中の速度は?

freetelsim_20151014_1

以前に計測した結果と比べると、下りの転送量が低下しており、速度が遅くなっているのが分かります。

【速度レビュー】『FREETEL SIM』高速通信に不満なし!今後に期待したい格安SIM!

ただ低下しているとは言え、平均で 「3Mbps以上」の速度結果となっており、Web閲覧やTwitter、Lineなどのライトユーザーは、体感的に特に遅いと感じることはありません。

動画やGoogle PLAYからのアプリダウンロードなどには帯域制限が掛かっており、多少遅いとも… (後ほど解説)。

平日12:00〜13:00の時間帯の速度は?

freetelsim_20151014_2

午前中と比べると、多少、下りの転送量が落ちており「1〜3Mbps」で推移する結果になりました。この時間帯は一番速度低下が起こるピーク時間帯です。他の格安SIMでは1Mbps以下の結果も多く、FREETEL SIMはまだマシな方といえます。若干、遅いとも感じる人もいるかもしれませんが、体感的にもまだ快適に使えると感じました。

ただ、前回の計測時と比べると、遅くなっているのが分かると思います。

上りがやたら遅く、パケ詰まりしているような結果が多いですが、これは端末の問題です (テストサーバーを疑ったのですが、他の端末でもFREETEL SIMを挿入して同時に計測してたのですが、そちらは問題なし) 。ということで、FREETEL SIMではこの時間帯も快適に使える上り速度でした。上りの結果は、気にしないようにしてください…。

午後の速度は?

freetelsim_20151014_3

午後の時間帯も下り「2Mbps〜3Mbps」程度となっており、それなりに快適に使うことができます。夕方以降のピーク時間帯も速度が落ちることがないので、通信は安定していると思います。

24時を回った時には、何故か1Mbps以下の結果になってしまっていますが、25時以降は快適な速度に (1:25で下り9.43Mbps) なっていました。やはり深夜になると速度が回復するので、単に帯域不足のようですね。

用途によっては、若干遅いと感じることも…

爆速は体感できないとしても、快適に使うことはできていることを紹介してきました。
しかし、速度低下によってなのか、帯域制限によってか分かりませんが、体感でストリーミング動画やアプリのダウンロードなどが、遅いと感じます。Web閲覧などでは特に感じないのですが、やはり大容量のダウンロードになると少し不快レベルです…。

Google PLAYでアプリをダウンロードしてみると…。

freetelsim_20151014_4

各画面の右上に実際の転送量 (速度) が表示されています。

スピードテストで下りが2.68Mbpsを記録した時間帯に、Google PLAYでのダウンロードでは、「500kbps〜1Mbps」程度しか転送されていません。体感的にも遅いと感じて、多少、イライラと…。

スピードテストで約2.5Mbps程度で、Google PLAYでは500kbps〜1Mbpsと言うのは、他の格安SIMでも同じような傾向なので帯域制限というよりも、ただ単に速度低下によって体感的に遅く感じているだけのようです (帯域制限を行うとしていますが、帯域制限ではないと思います) 。

次に、YouTubeで動画を再生してみました。

freetelsim_20151014_5

この時の下りはスピードテストで、3.38Mbpsでした。しかし、実際の転送量は… ↓

freetelsim_20151014_6

スピードテストで下り3.38Mbpsですが、実際には「500kbps〜1Mbps」の間で推移しています。1.5Mbps程度出る時も数秒に1回ぐらいありますが、殆どが「500kbps〜1Mbps」の間ぐらいです。

この時は480pで再生していましたが、しばしば止まってしまいます…。360pでは快適に再生可能でした。

freetelsim_20151014_7

もちろんですが、高解像度のスマホやタブレットなどの大画面で高画質 (1080p) は、再生されてもすぐに止まってしまいストレスが溜まります。

現状の速度であれば、やはり大容量のダウンロードや動画再生には向いていないような気がします。増強によって、全体の速度が回復しどう変化するのか、注視していきたいところですね。

とりあえず現状では、動画やダウンロードなどの用途には使い勝手がよいものではありません。傾向からして、帯域制限を行なっているというよりは、速度が低下している影響で動画やダウンロードが遅く感じるのだと思います。

※ FREETEL SIMは帯域制限を行うと発言しているので、帯域制限の可能性もあります。

まとめ

FREETEL SIMは、現状「爆速」は全く体感できていませんが、基本的には「快適」に使えています。ただし、ストリーミングの動画やダウンロードは遅く感じることも多々あります。

明日 (10月16日) に増強があるようですが、これによってどれくらい変化があるのか気になるところです。増強によって、全体的に速度向上することを期待したいところです!

増強後にまたどれくらい変化したのか比較してみたいと思います。

One Response to “【速度レビュー】『FREETEL SIM』速度低下したけど、概ね満足できる通信速度と品質!ただ動画やアプリのダウンロードなどは遅いと感じる…”

  1. Nan より:

    私の環境下においても、同様の現象が発生しています。

    恐らく、アプリケーション(レイヤー7)レベルを含めた帯域制御≠帯域制限を実施しているように見受けられます。

    10月の日中の最混雑時間帯以外については、OOKURA SppedTestは上限を4~5Mbpsまで「出るように」優先制御しているようです。

    YouTubeやGoogle Playに対して制御を実施しているか不明なので「素」の速度はわかりませんね(^^;)

    ※そもそも公式には「現状、制御は実施していない」との事ですが、それであれば、超不安定or速度測定は強いけど実利用は遅い・・・回線ということになってしまいます。 制御自体はきちんと公開する事によりユーザーも納得して利用でき、全体的なパフォーマンスを維持できるのですから、悪いことでは無いと思っています。 むしろ隠す事や公開したルールに基づかない運用の方が悪です。

コメントを残す

このページの先頭へ