『mineo(マイネオ)』がお昼休み(12〜13時)の時間帯で快適さNo.1

MVNOの格安SIMを使っていると、お昼休みの時間帯12:00〜13:00がものすごく遅かったりして、イライラしますよね…

私はこの時間帯だけは、なるべく使わないようにしています。
イライラして嫌になってしまうからです。

そんな風に思っている人は、au系MVNOの『mineo(マイネオ)』を使用してみると良いかもしれません。

と言うか、かなりオススメです!

以前に『mineo(マイネオ)』をレビューしてから2週間ほど経ちました。

以前に書いた記事はこちら ↓
【MVNOレビュー】『mineo』はお昼の時間帯も快適すぎる!爆速回線MVNO!

この時も12:00〜13:00の時間帯は快適と書きましたが、MVNOの速度は、年月や加入者数と共に変わっていきます。 「7月になって変化はあるのか?」「現時点でオススメなのか?」も含めて今回はレビューしていきたいと思います。

どこのMVNOよりも速い

わたしも『mineo(マイネオ)』を使っていますが、現時点(2014/07/11)で速度の面では、どの時間帯でもNo.1といってもよいぐらいです。

サービス開始時期の6月には、かなりの加入者がいるはずです。なので、「徐々に速度が落ちていくのでは?」と懸念していましたが、7月に入ってもドコモ系MVNOと比べて断然快適です。

そんな中で、一番速度が落ちるお昼休み12:00〜13:00の時間帯に焦点を当てて、速度を計測してみました。

12:00〜13:00も快適に使える速度

『mineo(マイネオ)』も12:00〜13:00の時間帯は、大幅に減速します。
ただ、減速しても快適に使えるぐらいの速度を保っています。

12:15時点では、12.90Mbpsとかなり高速だが、12:30には4.18Mbpsと一気に速度が落ちた

12:45では、3.38Mbpsとかなり速度が落ちているが、まだまだ快適に使える速度。他社MVNOはこの時点で0.30Mbps(300kbps)ぐらいの速度しか出なかった。

13:00に近づくに連れて徐々に速度アップ。13:47時点では、12.87Mbpsと速度が通常の速度に戻った。

やはり6月と比べると速度が多少落ちているのが分かります。

6月に計測した結果はこちら ↓
【MVNOレビュー】『mineo』はお昼の時間帯も快適すぎる!爆速回線MVNO!

ただ、6月計測と比べて7月は「数値的」に速度が落ちているのは分かりますが、「体感的」には全く分かりません。体感的には快適そのものです。

また、速度が落ちたとしても、3Mbps以上の速度なので遅くてイライラしたりすることはありません。

他社と比較してみましょう。
『BIGLOBE LTE・3G』などは約「300kbps」ぐらいの速度しかでません。別に規制されている訳でもなく、「高速通信」ができる状態の時でこの有り様です。13:00を過ぎると、5Mbps程度の速度に戻りました。

300kbpsは低速の部類です。高速通信ができる状態でこの遅さは、ドコモ系MVNOでは当たり前と言ってよいでしょう。

まとめ

ドコモ系MVNOは、安定しているMVNOであっても12:00〜13:00の時間帯は、低速並の速度しか出ずストレス溜まります。
12:00〜13:00の時間帯で遅くてイライラしている人は、『mineo(マイネオ)』を検討してみたらよいかもしれません

個人的には、12:00〜13:00の時間帯を主に使うのであれば、『mineo(マイネオ)』一択だと思っています。サラリーマンなどお昼休みが12:00〜13:00の時間帯の友達などには、まず『mineo(マイネオ)』を薦めています。

また、今からMVNOを使おうと思っている人は『mineo(マイネオ)』も考えてみるべきだと思います。速度の快適性はもちろんですが、auの白ロムは、ドコモに比べて安いので、MVNOの初期投資が少なくてすみます。

主に12:00~13:00の時間帯にデータ通信するならば『mineo(マイネオ)』が快適!

と言うことでした!MVNO選びの参考にしてみてください。

mineo(マイネオ)プラン一覧 | MVNO(格安SIM)一覧表

コメントを残す

このページの先頭へ