DTI『ServersMan SIM LTE』は低速SIMだけど、速い時は1Mbpsぐらいに!

DTI

DTIが提供しているワンコイン格安SIMの『ServersMan SIM LTE』ですが、2014年10月の初旬あたりから、ワンコインとは思えない程の快適な速度となっています。

『ServersMan SIM LTE』は最大速度250kbps・月額504円の格安SIMです。しかし、10月初旬より0.8Mbps〜1Mbpsぐらいの速度が出ることが多くなっています。
ただ、平日12:00〜13:00の時間地帯はやはり速度が落ちます。この時間帯は諦めていますが、混雑しない時間帯は、(ワンコインにしては)とっても快適です。

では、速度計測結果を少し見てみましょう。

速度はどれくらい?計測結果!

条件は下記の通り。

  • 計測場所 : 神奈川県川崎市
  • 計測端末 : freetel nico(3G端末)
  • speedtestアプリでtokyoのサーバーを使用

Ping値が100台と遅く感じるかもしれませんが、3G端末としては良い数値です。(LTE端末であれば、Ping値は、60〜90ぐらいだと思います)

平日12:00〜13:00

serversman-sim-lte_20141022_7
serversman-sim-lte_20141022_8
serversman-sim-lte_20141022_9
serversman-sim-lte_20141022_10
serversman-sim-lte_20141022_11
serversman-sim-lte_20141022_12
serversman-sim-lte_20141022_13

見ての通り、12:30〜13:00は、速度が遅くなっているのが確認できました。
ただ、以前は0.03Mbpsなどと全く繋がらないと言ってよいぐらいの速度しかでていなかったので、かなり改善はしていると思います。
実際に使っていても以前よりかなり快適にはなっていますよ。

平日12:00〜13:00以外の時間帯

serversman-sim-lte_20141022_1
serversman-sim-lte_20141022_2
serversman-sim-lte_20141022_3
serversman-sim-lte_20141022_4
serversman-sim-lte_20141022_5

ここまでで気になるのは、08:02の0.29Mbps(290kbps)でしょうか。
最大速度である250kbpsを上回っていますね。
通勤時間帯なので、多くの人が携帯を弄り回線が混雑しやすいのだと思います。その他の計測結果も少し速度が落ちていますが、かなり良い結果ではないでしょうか。

では、続いて見ていきましょう。

serversman-sim-lte_20141020_1
serversman-sim-lte_20141020_2
serversman-sim-lte_20141020_3
serversman-sim-lte_20141020_4
serversman-sim-lte_20141020_5
serversman-sim-lte_20141020_6

個人的に快適だと感じる理由として、混雑する時間帯は速度が遅く感じますが、その他の時間帯は速度かなり速いからです。
上の画像の19:08、19:54、20:55の時間帯を見てもらうと分かると思いますが、平均で985kbpsぐらいの速度が出ています。

月額504円で「900kbps以上」の速度が出ると、かなりコスパが良いと実感します。
ただ『ServersMan SIM LTE』は他に色々と制限があったり(下記リンク参照)するので、積極的におすすめはしません。
が、個人的には満足だし、かなり使いやすくなったなという印象です。

制限事項の詳しい内容はこちら ↓
格安すぎるMVNO『DTI ServersMan SIM LTE』の注意ポイント!

900kbps程の速度が出ると「家でWi-Fi、外で少し使うぐらい」の人にとっては、かなり使い勝手が良さそうですね。使い手を選ぶ格安SIMには変わりないですが、用途があえば快適そのものです。

同じようなサービスを展開している『ワイヤレスゲート WiFi + LTE』の「480円プラン」がありますが、速度に関しては『ServersMan SIM LTE』の方が一段と速いのが実感できます。

まとめ

『ServersMan SIM LTE』と『ワイヤレスゲート WiFi + LTE』の「480円プラン」は、似たようなプラン内容ですが、まるで全く違うサービスになってきました。 『ServersMan SIM LTE』は特徴として、より速度が速い方向に持っていこうとしているのかなとも思えます。

速度の『ServersMan SIM LTE』、安定の『ワイヤレスゲート WiFi + LTE』と言った印象です。

もはや低速とは思えない速度が出る『ServersMan SIM LTE』は、快適だと感じる人が沢山いると思います。 Webブラウジングしていると、明らかに今までと速度の違いが実感できますよ。個人的に、月額504円なら満足できる格安SIMです。コスパ最高です!

気になっていた人は参考にしてみてください!
※今は快適でも、月日が流れるに連れてまた遅くなる事もあるので、参考程度にお願いします。

7 Responses to “DTI『ServersMan SIM LTE』は低速SIMだけど、速い時は1Mbpsぐらいに!”

  1. SEM より:

    この数値すごいですね。 多くのMVNOに隠れて?wすごいパフォーマンスを発揮してますねぇ。

    IIJMioで低速してると昼ピーク以外でも極端な話停止してる?っと思う瞬間があったり(低速時の)不満もおおいですが、これはスゴそうですね。ただ(昼ピーク以外で)継続的に数値がでてればいいんですけど(^_^;)

    • 管理人 より:

      SEMさん
      返信が遅くなってすいません…。

      google PlayのDLが超遅かったり、色々と条件はありますが、結構速度に関しては快適です。割りきって使えば、良い格安SIMだと思いますよ!

  2. addition より:
    私も今年に入ってからdti aimを利用しているんですが、最近1mbps近く出ているので不思議に思い検索した所このサイトがヒットしました。丁度ほかのsimにかえようかと検討していたところだったとので、上手く引き止められました(笑)
    • 管理人 より:

      additionさん
      コメントありがとうございます!

      私も解約しようとずっと思っていますが、まだ契約したままです…笑 1Mbpsでるとかなり快適で、500円なら…と思ってしまいます。個人的には、コスパの良い格安SIMの1つだと思っていますー!

  3. 使用者の感想 より:
    DTI ServersMan SIM LTEが最近空いている時間帯では高速通信のスイッチを入れずとも1Mbpsに届きそうな程で妙に速いので、今週VPNリモートアクセス端末のテザリング回線としてテストしてみたのですが、こちらは遅くて見事に256kbps付近でリミットが掛かりました。PC側の通信モニターソフトでグラフを見るとピークが34kBps付近にしっかり張り付いてしまいます。 しかも、100MBの高速通信クーポンを買ってスイッチONしてもこのVPNパケットについてはリミットは外れませんでした。そして速度制限が外れていないのにクーポンの通信量としては消費します(苦笑)。 この時の通信環境は非LTEでスマホをUSBでPCに繋ぎ、PC内のVPNソフトでUSBテザリングを経由してVPNサーバー(これも私が設定した非リミットです)へ接続ですが、PCのVPN接続を外して単にWebブラウズすれば3Mbps程まで跳ね上がりクーポンは正しく速度制限解除されていると判ります。 VPNの制限も解除されるなら嬉しいSIMですが、そうは問屋は降ろさないってことですね。参考になれば。
    • 管理人 より:

      使用者の感想さん

      コメントありがとうございます!
      非常に参考になります!

      VPNの場合はクーポン消費するのに制限解除されないのですね…。

  4. 匿名 より:
    Dropboxのファイルダウンロードが動かない点が難点ですね。

コメントを残す

このページの先頭へ