Y!mobile、高速データ容量1GBで月額980円のデータSIMプランが登場。Yahoo!プレミアム会員なら月額500円に。これは期待できそう!

ymobile_20160803_0

Y!mobileは、8月1日より、ワイモバイルSIMスターターキットを購入した方向けに、データ通信専用である「データSIMプラン」(月額980円/1GB)のサービスを開始しました。

リンクワイモバイル SIMスターターキット|Y!mobile(ワイモバイル)

「SIMスターターキット」は「Y!mobile Selection ヤフー店」で購入ができます。

リンクワイモバイルSIMスターターキット | Y!mobile Selection ヤフー店

選べるSIMのタイプは、nanoSIMかmicroSIMとなっており、現時点(2016/08/02)での購入費用(事務手数料)は、3000円(税込3,240円)となっています。

このSIMスターターセットを購入すると、データ通信専用の「データSIMプラン」か音声通話ありの「スマホプラン S/M/L」が選べるようになっており、今回は、データ通信専用の「データSIMプラン」に焦点を当てて紹介したいと思います。

ワイモバイル データSIMプランの特徴は?

データSIMプランの概要は下記の通り(全て税抜)。

項目 データSIMプラン
月額料金 980円
Yahoo!プレミアム会員時の月額料金 500円 ※キャンペーンで10月31日まで
高速データ容量 1GB/月
最低利用期間 なし
SIMの種類 nanoSIM、microSIM
低速時 最大128kbps
通常速度に戻す追加料金 500MB/500円
SMS
備考
  • 他のプランへのプラン変更は不可
  • SIMロックが解除されていない端末は利用不可
初期費用 ワイモバイル SIMスターターセット購入費用の3,000円

ここ最近、ワイモバイルは知名度を上げてきていると思いますが、人気の理由として、ドコモ、au、ソフトバンクよりも基本的に月額料金が安く、通信品質がMVNOとは比べ物にならないほど良いからではないでしょうか。

データ専用でSMS付き、1GBの高速データ通信、月額料金980円(Yahoo!プレミアム会員は500円)と非常に魅力的なサービスとなっており、MVNOのデータ専用SIM同様に最低利用期間はありません。

1GBで月額980円は高いと思われるかもしれませんが、Y!mobileの通信品質は格安SIMとは別物です。特に速度低下が激しい平日12時台(12時30分前後)でも一定速度以上を保っており、不満は格安SIMと比べるとほとんどないでしょう。

ymobile_iijmio_20160803

平日12時30分に計測した結果。左がY!mobile スマホプラン、右がIIJmio。
Y!mobileは下り平均18Mbps前後でPing値もよい。IIJmioは下り平均0.4Mbps前後と遅く、Ping値もY!mobileより劣る。

どの地点でもこのような結果にはならないかもしれませんが、Y!mobileは基本的に12時台で格安SIMのような速度低下は見受けられません。今回の計測は「データSIMプラン」はではなく、「スマホプラン」での計測となりますが、基本的にはデータSIMプランの速度は、スマホプランと同等と思われます。 → 「データSIMプラン」と「スマホプラン」は同じ速度結果でした!

参考・レビュー【レビュー】Y!mobileの縛りなし月額980円「データSIMプラン」を試す!2年縛りの「スマホプラン」と速度は一緒?速度は満足できる?

Y!mobileのスマホタイプでは音声SIMだけの契約は可能でしたが、データ専用SIMだけの発行はしておらず、音声通話のスマホプランに追加SIMという形でデータ専用のSIMが追加できるだけでした。また、Y!mobileでは最低利用期間が2年設定されています。しかし、今回、データ専用SIMだけの契約が可能、そして最低利用期間がないとより格安SIMよりのプランとなっています。

自社サイトでも「格安SIM」と表現しており、Y!mobileはMVNOではありませんが、安い月額料金のSIM=格安SIMを提供していくと言えそうです。

ymobile_20160803_1

Y!mobileのサイトで格安SIMと表現しています。

注意したい点としては、高速データ容量を使い切ると低速で最大128kbpsとなる点。格安SIMの場合、多くのものが最大200kbpsとなっています。128kbpsも200kbpsも然程変わらないでしょ…と思うかもしれませんが、Y!mobileで高速データ容量を使いきったあとの最大128kbpsは本当に遅いです…。

200kbpsの格安SIMの場合、バースト機能(読み込み開始時、一定量までは高速通信になる機能)があったりするものだと比較的、許容できるのですが、Y!mobileは本当に遅いと実感しています。

なので、1GBまでしか使わないユーザー向け、もしくは500MB/500円で追加しても問題ない方向けのプランとなりそうです。1GBだけのプランしかないのが、少々残念…。2GB/3GBプランがあると非常に人気がでそうです。

このデータSIMプランの登場は通信品質が期待できるので、データ専用でMVNOの格安SIMを検討している方は、まずY!mobileのデータSIMプランを検討してみる価値は大いにあると思います。

Yahoo!プレミアム会員になれば、永年480円割引!

ymobile_20160803_2

2016年8月1日~10月31日の期間でキャンペーンが行われており、Yahoo!プレミアム会員(月額462円/税抜)の方が、特典利用期間中に「Yahoo!携帯ショップ」経由でSIMスターターキットを購入し、「データSIMプラン」の利用申し込みを完了すると、Yahoo!プレミアム会員特典として、月額料金が永年480円割引の500円(税抜)となります。

リンクワイモバイルSIMスターターキット【Yahoo!プレミアム会員限定価格プラン】 – Yahoo!携帯ショップ

1GBで月額500円であれば、今現在の格安SIMの水準と変わらない料金となるので、通信品質のよさなどを考慮すれば、非常に魅力的なプランです。

プレミアム会員の方で格安SIMを探している方は、かなりおすすめといえるでしょう。

下手に他社の格安SIMを使うよりは、Y!mobileの「データSIMプラン」を使った方が断然快適かと思われます(まだ使ったことはないですがY!mobile スマホプランが非常に快適なため)。Yahoo!プレミアム会員ではない方は、キャンペーン期間中にプレミアム会員になってから申し込むのがベストです。

リンクYahoo!プレミアム

プレミアム会員になってもならなくても、総額で毎月約1,000円前後の支払いとなるので、どちらでも金額的には左程変わらない状態です。であれば、色々なコンテンツが楽しめるプレミアム会員になったほうがお得ですね(ただ、プレミアム会員のコンテンツの質が低いと感じます…もっと充実してほしい…苦笑)。

9月30日まで、Yahoo!プレミアムに入会してお買い物をすると、1,500ポイント貰えるキャンペーンも行われているのでこの機会にどうぞ!

リンクYahoo!プレミアム会員登録とお買いもので、1500ポイントプレゼント - Yahoo!プレミアム

ワイモバイル データSIMプランのまとめ

今回のデータSIMプランの特徴をまとめてみました。

  • 高速データ容量は1GB
  • 月額980円、Yahoo!プレミアム会員は500円
  • 最低利用期間はない
  • 低速時は128kbps
  • データ通信品質に期待ができる(MVNOの格安SIMよりも混雑する時間帯で快適な可能性が高い)

MVNOの格安SIMよりも通信品質で期待がもてるY!mobileから「データSIMプラン」が月額980円で登場しました。980円と聞くと、MVNOの格安SIMと比べて割高感があるかもしれませんが、回線品質が担保できそうと考えると、キャリアよりも確実に安いため、割安ともとらえらるのではないでしょうか。

このプランは、高速データ通信量が1GBのみとなっており、「1GBじゃ全然足りない…」という方も多いかもしれませんが、最低利用期間がないので、気楽に使ってみることができます。各MVNOの格安SIMにとっては、かなり驚異となりそうですね。ここ最近のワイモバイルの勢いは本当にすごいと思います。

もし1GBでデータ容量が足りる方は、是非、検討してみるとよいと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ