『GALAXY J SC-02F』の周波数帯、タッチパネル、アンテナピクト、スペック一覧などをレビュー

sc02f_8

GALAXY J SC-02F』のスペック、周波数帯、タッチパネル、アンテナピクトなど、基本的な部分についてレビューしてみたいと思います。

スペック一覧

次にスペックを確認してみましょう。特徴的な箇所は、赤色にしています。

OS CPU CPUクロック数 CPUコア数
Android 4.3 → 4.4 Snapdragon 800 MSM8974 2.3GHz 4
ディスプレイ方式 ディスプレイサイズ 解像度 LTE周波数帯
有機EL SUPER AMOLED 5.0インチ 1920×1080 フルHD Band1/3/19/21
クアッドバンド対応
ROM RAM SDスロット Qi(おくだけ充電)
32GB 3GB ×
防水 防塵 Wi-Fi GPS
× × IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth FeliCa・NFC 赤外線 ワンセグ/フルセグ
4.0 △(IrRCのみ) ◯/×
質量 サイズ バッテリー メイン/サブカメラ
約146g 約137 × 70 × 8.6(最厚部8.9)mm 2600mAh 約1320/210万画素

Android4.3から4.4(kitkat)にアップデート配信がきています。Android4.3の方が、安定していて良いという人もいますが、Android4.4でRAMが3GBは、かなり最強ではないかなと思っています。Android4.4自体、メモリの最適化を行ったOSなので、最適化+RAM:3GBの効果は絶大だと思います。

周波数帯を確認してみよう!

ドコモ 2013-2014冬春モデルと、比較的新しいこの端末は、周波数帯(Band)は確認しなくても良いぐらいです。念のために確認してみましょう。

LTE

  • Band1(2100MHz帯) / 下り最大 75Mbps
  • Band3(1800MHz帯) / 下り最大 150Mbps
  • Band19(800MHz帯) / 下り最大 37.5Mbps
  • Band21(1500MHz帯) / 下り最大 112.5Mbps

W-CDMA(3G)

  • Band1(2100MHz帯)
  • Band5(850帯)
  • Band6,Band19(800MHz帯)

GSM(2G)

  • 850MHz帯
  • 900MHz帯
  • 1800MHz帯
  • 1900MHz帯

となっています。
LTEの周波数帯は「クワッドバンド(4バンド)」に対応しています。ドコモの周波数帯で、全ての周波数帯に対応していることになります。新しい端末にしか対応していない「Band3」にも対応していて、文句なしです。

もちろんですが、ドコモ系MVNOで使用した時にも、すべての電波を受信できますね。全く問題なくありません。

MVNOで使用する際のアンテナピクトは?

アンテナピクト問題は、全く問題ありませんでした。

sc02f-pict

BIGLOBE LTE・3G』SMSなし・データ通信専用SIMを挿入しているが問題なし

セルスタンバイ問題についても全く問題ないので、MVNO用途で困ることは無いでしょう。
セルスタンバイ問題についてはこちら ↓
『GALAXY J SC-02F』のセルスタンバイ問題について

タッチパネルの感度は、どの端末よりも良い!

タッチパネルの感度、使い心地の良さは、すべての端末と比較しても最高峰です。
直感的で、文句なしの反応の良さです!

「GALAXY J」もタッチパネルの感度は今までと変わらず、精度が良いままです。GALAXYシリーズを使った後に、他の端末を使うと「…。」と思ってしまうぐらい、GALAXYシリーズはすばらしいです。もちろん『GALAXY J SC-02F』も2013-2014冬春モデルの中で、トップクラスのタッチパネル感度はNo.1です。

ディスプレイは、有機EL

sc02f_9

液晶画面は、有機ELを採用していて、とても綺麗なディスプレイだと思います。2013-2014冬春モデルで有機ELのディスプレイを採用しているのは、GALAXYだけです。

有機ELの問題点として、長期間使用すると画面に焼き付きが起こる可能性があります。時計表示があるステータスバー部分などは、ずっと同じ画面であることが多いため、焼きつきを起こしやすいと思います。注意のする術がないですが、綺麗なディスプレイの代償として、こう言った問題があるのも認識しておきましょう。

2013-2014冬春モデルでは液晶が優秀な端末として『G2 L-01F』があります。
しかし、『SC-02F』も負けていません。『L-01F』は赤みが強いディスプレイで、『SC-02F』は青みが強いディスプレイと言う印象を受けました。

有機ELは、太陽光の下で見にくいと言われていますが、確かに他の端末と比較すると見えにくいと思いました。外で使用することが多い人は、他の端末の方が良いと思います。

端末の性能や動作具合は?

2013-2014冬春モデルの中では、最高スペックです。
「Snapdragon 800 MSM8974 2.3GHz」「RAM:3GB」と文句なしですね。RAMが3GBは、『SC-02F』を購入する要因の1つと言ってよいぐらいです。

使用感も「文句なしの使い心地」です。本当にGALAXYシリーズは、「使いやすい」と感じさせる端末の調整が上手いと感じます。

基本的にCPUなどのスペック差だけでなく、タッチパネルの感度の調整なども含めて、使い心地が最高に良いです。
この部分に関しては、他の端末と比較しても、絶賛しても良いと思います。

ベンチマークに関してはこちら ↓
『GALAXY J SC-02F』で色々なベンチマークを計測してみました。

RAMが3GB搭載は、GALAXYだけ!

この端末の一番の特徴といえば、RAMが「3GB」搭載されている点でしょう。2013-2014冬春モデルでRAMが3GB搭載されているのは、この端末と『GALAXY NOTE 3 SC-01F』だけです。GALAXYシリーズのみってことですね。

メモリについては、多ければ多いほど快適に使えるし、安心できます。他の端末よりも『SC-02F』の方が、メモリの残り数に余裕があります。また、3GB搭載なので3年程は普通に使えるぐらいのスペックだと思います。

防水・防塵、フルセグはなし!

「GALAXY J」は、日本仕様ですが、防水・防塵がありません。これだけは残念ですね。バッテリー取り外し可能な点が関係しているのかもしれませんが、日本仕様版のGALAXYなので、防水機能ぐらいは付けてほしかったところです。

また、フルセグもありません。フルセグ使う人は注意が必要です。

まとめ

基本的に2013-2014冬春モデルの端末の中でも、「RAMが3GB」と他の端末よりスペックが良くなっています。
SoCは「Snapdragon 800 MSM8974」と同じ他の端末と同じですが、ディスプレイの発色の綺麗さ、タッチパネルの感度、ベンチマークも良い結果です。

『SC-02F』の白ロムがかなり安くなってきました。
わたしは、MVNO用の端末レビュー用として購入していますが、コスパの良さや、性能の良さはピカイチだと感じました。2013-2014冬春モデルの中でも、自信をもってオススメできる端末(白ロム)の1つです。

コメントを残す

このページの先頭へ