ドコモ端末『L-01F』『SC-02F』『F-01F』『SH-01F』でベンチマークを比較してみた!

docomo-2013-2014winter-spring

今回は、ドコモ端末の2013-2014冬春モデルで、特に白ロムが安くなっている4端末のベンチマークをまとめてみました。比較しながら見てみましょう。

今回ベンチマークで比較するのは、

  • G2 L-01F
  • GALAXY J SC-02F
  • ARROWS NX F-01F
  • AQUOS PHONE ZETA SH-01F

となります。『F-01F』『SH-01F』『SC-02F』は、最近になって白ロムが安くなってきて、MVNO用に検討している人も多いと思います。参考にしてみてください。

ベンチマークを比較!

benchmark

ベンチマークと共に、CPUのクロック数も表示してあります。高クロックの方がパフォーマンスが良くなる傾向にありますが、クロック数が低い『ARROWS NX F-01F』も、かなり健闘する結果になりました。

端末名 G2 L-01F GALAXY J SC-02F ARROWS NX F-01F AQUOS PHONE ZETA SH-01F
Snapdragon 800 MSM8974のクロック数
*1
2.265GHz 2.265GHz 2.15GHz 2.15GHz
Antutu Benchmark 30779 31353 31929 28339
Quadrant Benchmark 19329 21457 20949 18457
3DMARK 15072 18740 15846 13319

*1 「2.265GHz」の表示は、「2.3GHz」や「2.26GHz」と表記されていることもある。

各ベンチマーク結果の詳細はこちら ↓

こうやって見てみると、『GALAXY J SC-02F』が一番パフォーマンスは良さそうですね。しかし、『ARROWS NX F-01F』も3DMARK以外は、ほとんど『GALAXY J SC-02F』と同じようなパフォーマンスになっています。

また、『GALAXY J SC-02F』に関しては、ベンチマークをブーストしている可能性もあるので、鵜呑みにしないようにするのが無難そうです。「GALAXY NOTE 3」では、一部のベンチマークでブーストしているとのことなので、『GALAXY J SC-02F』もブーストしている可能性があります。

基本的に『GALAXY J SC-02F』『G2 L-01F』『ARROWS NX F-01F』に関しては、それ程差がないでしょう。

『AQUOS PHONE ZETA SH-01F』だけは、どのスコアも低い状態になっています。低いといっても、ハイスペック端末なので、端末を使用していてパフォーマンスが悪いと感じることはないです。ただし、何度計測しても、明らかに『AQUOS PHONE ZETA SH-01F』だけスコアが劣ります。スペック重視派の人には、向かない端末と言って良いでしょう。

個人的に驚いたのは、『ARROWS NX F-01F』のパフォーマンスです。クロック数が他機種よりも低い「2.15GHz」となっていますが、「2.265GHz」の端末と肩を比べるぐらいのスコアを叩き出しています。
正直、ここまで良い結果が出ると思っていなかったので、意外な結果でした。

今回は、ドコモ端末、2013-2014冬春モデルをベンチマークで比較してみました。
今後も、2013-2014冬春モデルでおすすめな白ロムの4機種を色々な面で比較していきたいと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ